読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
取り調べ可視化法案を再提出 民主・社民
ニュース速報 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2009-04-03

5月から裁判員制度が始まるが、取り調べが適正に行われたのかどうかを確認するためにも、当局に録音と録画を義務付けることは不可欠だろう



取り調べ可視化法案を再提出 民主・社民

民主党と社民党は3日、警察や検察が犯罪被疑者を取り調べる際に、全過程で録画・録音を義務づける、いわゆる「取り調べ可視化法案」を参議院に再提出した。

同法案は、被疑者取り調べでの自白の強要による冤罪(えんざい)の発生や、調書の信用性をめぐって裁判が長期化することを防ぐことなどが目的で、今回の再提出は、5月に裁判員制度が始まることをにらんだもの。取り調べの全過程を録画・録音することや、検察官の手持ちの証拠を公判前に開示することなどが盛り込まれている。両党は、重大事案の取り調べから段階的に実施して、3年以内にはすべての取り調べに適用したいとしている。
同法案は去年、参議院で可決されたものの、その後、衆議院で廃案となっていた。

日本テレビ[3日20時14分更新]
民主・社民、刑事訴訟法改正案を提出

民主党と社民党は、容疑者を取り調べる際のすべての過程をビデオなどで録音・録画して捜査の内容を外部から確認できるようにする法案を参議院に提出しました。

「5月から裁判員制度が始まって、とにかくえん罪事件を生まないということが、とても大事なことだと思っています」(社民党 福島みずほ 党首)

民主党と社民党が提出した刑事訴訟法改正案では、警察と検察に対して、容疑者の供述や取り調べ状況の録音・録画を義務づける、録画などがない供述は裁判の証拠にならない、としています。

また、裁判での混乱を避けるため、検察官は持っている証拠のリストを作成し、裁判が始まる前に被告人や弁護人に開示しなければならないとしています。

民主、社民両党は裁判員制度が始まる5月21日までの成立を目指す考えですが、与党側の賛成を得られる見通しは立っていません。
TBSニュース(03日12:16)

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター