読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

10名さま。クリックのご協力を! (7 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > Marijuana Policy Project
解雇された顧問アドバイザー再び公言
Marijuana Policy Project : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2009-12-21

解雇された顧問アドバイザー再び公言
2009年11月20日
by ブルース・ミルケン(Bruce Mirken)

「大麻はアルコールよりも安全である。」といった政府にとって望ましくない真実にあえて言及したために、ディビット・ナット(David Nutt)はイギリスの政府機関である薬物乱用問題諮問委員会(ACMD:Advisory Council on the Misuse of Drugs)委員長の座を追われた。その彼が再び意見を述べた。今回は、世界でも有数の医療ジャーナル誌、ランセット(The Lancet)においてである。

残念ながら、フルテキストにアクセスするための料金を支払わない限り、コラムの最初の数行しか読むことはできない(訂正:全文を読むためには登録が必要となるのだが、料金を支払う必要はない-ご指摘に感謝する)。ナットは、多くの政治家たちが以下のようなことに関して、間違いなくよく思わないだろうと考えている。

「大麻使用のコントロールは、犯罪化よりも、むしろ規制を通じてのほうが、安全かつ効果的であるとオランダでは証明されてきたし、実際に、1963年にランセットでそのようなことが提案されているのである。」

おそらく、いつの日か政府が事実とデータに基づいた政策を行うことだろう。もしそうなれば申し分のないことだ。


マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ


Source:MPP Blog
Sacked UK Science Advisor Sounds Off Again
November 20, 2009

翻訳 by ゴブリン

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター