読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
コラムやエッセイや読み物
カンナビスト:カルトのレトリック
コラムやエッセイや読み物 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2008-02-25

カンナビストについてどう考えているのか。散発的にメールで問い合わせがあるので、談話室から拾って書きとめておきます。
市民団体を名乗るなら、せめて活動の目的や運営体制を定めた会則を作るべきだと、私はこれまで何度も会員として提案してきましたが、運営からの回答はありませんでした。

大麻の「非犯罪化」という表向きの主張を支持して会員登録した、裏の事実を知らない一般会員に罪はありませんが、カンナビストは市民団体ではなく、代表者が裏でケミカルドラッグを売ったり、会員名簿をその営業に使ったりしているカルトのような組織だと私(白坂)は思っています。




カンナビストのこと 投稿者:しら 投稿日:2008/02/25(Mon) 03:47

トップページに書くようなことでもないので、談話室に書きとめておきます。

私は、THCのスタッフや、協力してくれる人たちが、カンナビストの手伝いをしようが、運営であろうが、そのことをとやかく言うつもりはありません。
逆に、THCの手伝いをしようとしてくれた人が、白坂は危険で人格に問題があるから近付かないようにと麻生氏に言われた例を、複数知っています。言われた本人から直接聞いただけで6名います。

そのような個人的な事情は抜きに考察し、私自身は、カンナビストは、市民団体ではなく、カルトだと断定するに至りました。
そのような組織体質については、具体的で直接的な数々の経験から、私自身の逮捕前後より感じてきたことですが、大麻取締法の改正を願う立場から、真に市民団体として、一層の発展と、活動の活発化を期待し、ここ1年以上、カンナビストの掲示板にも書き込みをしたりしてきました。

以下は、カンナビストと同じ連絡先で代表者氏が行っている「活動」について、代表者氏自身によって書かれたものです。

------以下引用-----------
麻生結のひとりごと 2007.11.27
わたしたちは、サイケデリックや大麻と変性意識をテーマにした小冊子を作ってきた。サイケデリック効果のあるキノコや2CB、2CT-2、MBDBなどをユーザーに供給していたこともある。もちろん法律にふれることはしていないので、規制が実施される前には停止していた。
------引用ここまで-------
「ALTERED DIMENSION」
http://www.bekkoame.ne.jp/~alteredim/

大麻の非犯罪化を主張しつつ、一方で、今では規制されているマジックマッシュルームやケミカルドラッグを供給していたことが書かれています。
大麻どころではない危険を伴うドラッグです。問題は規制されているかどうかではありません。規制の有無に関わらず、極めて危険な行為であり、「活動」だと思います。サイケデリックそのものを否定するつもりは全くありませんが。

桂川さん逮捕以降の流れでも、中島らもさんが供述したせいだとか、主犯は前田さんだとか、氏は何の根拠もなく、信じ難い言辞を発し続けてきました。私自身、保釈されて電話報告した際、まず言われたのは「運営の斉藤コウさんのことを喋りましたね?」という詰問でした。これも事実無根です。私は誰のことも喋りませんでした。

極左のようなセクト的な思考回路と、ケミカルドラッグの「変性意識」が形成するカルト的性質。表向きには見事と言うほかないレトリック(装飾)が施されているので、事実と実相を知らない人には見えないだろうと思います。また、中にいても気が付かないこともあるだろうと思います。

カンナビストの一部運営が何をしていたか、私は具体的に知っていましたが、つい最近、「提言」に取り組むなかで、気が付いたことがあります。それは、カンナビストが掲げる「大麻問題」自体が、レトリックであるということです。「大麻問題」がレトリックに過ぎないため、大麻取締法の問題を本質的に掘り下げて考える態度や活動に結びつかず、「非犯罪化」という教義に固執してしまっている所以でもあることに。

以上、個人的な見解として、簡略ながら書きとめておきます。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター