読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

11名さま。クリックのご協力を! (6 名が 公開フォーラム を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索

アラブ首長国連邦

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2010-11-17 1:27
白坂@THC主宰    投稿数: 2124
アラブ首長国連邦
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011-5-9 22:27 | 最終変更
匿名    投稿数: 0
行って見聞してきたわけではないのですが、薬物取締りが相当イカレているので注意喚起の為に投稿します。

現地在住の大麻好きが以下のサイトを紹介していました→http://www.ameinfo.com/147878-more1.html

内容を掻い摘むと
・ゼロトレランス政策が異常に徹底していて、ごくごくごく微量の禁止薬物の所持でも4年間収監される。
・税関では高感度の装置を導入していて、0.003gの大麻が靴底の溝についていて4年間収監された例がある。0.003gは肉眼では見えず、砂糖一粒よりも軽いような量。(もちろんハイになんかなれませんよw)
・ヒースロー空港で食べたパンに乗っていたケシの実3粒でも4年間収監。
・尿や血液中に薬物が存在する場合も「所持」とみなされる。
・他の国では市販されている薬でも捕まる―コデインを含む風邪薬など(処方箋があればOKの場合あり)。
・捕まったら大使館などはたいした手助けが出来ない。

日本からヨーロッパやアフリカへ行くのにエミレーツ航空がバンバン飛んでいますが、首長国の一つのドバイにて乗換えです。アムステルダムへの路線もあります。乗換えの都合でドバイに一泊となると、税関を通ることになります。(税関を通らなければ安全かどうかは知りませんが。)
この記事を読むまでは一度エミレーツ航空に乗ってみたいと思っていましたが、今は一生乗らないことに決めました。

どんなにクリーンな非ドラッグユーザーでも、思わぬところで捕まる危険性がありますよ。目に見えない量の大麻なんて、所持していないことを確認しようがないですし。外務省ももっと注意喚起したほうが良いんじゃないでしょうか。世の中、知らないところに恐ろしい現実が潜んでいますね。

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

  条件検索へ


HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター