読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

4名さま。クリックのご協力を! (1 名が 公開フォーラム を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索

オーストラリアの一例

このトピックの投稿一覧へ

なし オーストラリアの一例

msg# 1.3
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2010-11-30 23:58
マイト 
州によって規制がまちまちです。

シドニーのあるニューサウスウェールズ州では、個人の少量所持はおとがめ無しです。

お隣りのクイーズランド州はオーストラリアの中では一番厳しいらしいですが、ケースバイケースの様です。
私の実体験。
長期の自転車旅行中、とある町のキャンプ場でマリファナを吸っていたら近くの人に通報され、翌日出発した後に警官と麻薬探知犬が待ち伏せていて持ち物検査をされる。
40グラムずつ2パックに別けたマリファナ、計80グラムが見つかる。(犬が吠えてたし、強制送還だなんだと怖い事を言われたのて自分から出した)
いろいろ質問される。
警官マリファナをパトカー内でチェック。
その後、戻ってきた警官に1パック40グラムを手渡される。
???。
警官、「2パックは多いけど、1パックならOK。あと人がいる所では吸うな。」

まじでビビった。

この事を友達のオーストラリア人に言ったら、笑いながらそいつの親にまで話してた。
でも実際に強制送還される外国人もいるらしい。

自分はラッキーだっと思う。


ウエストオーストラリア州も緩い。




この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター