読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
コラムやエッセイや読み物 > チャリファナ青春旅行
チャリファナ青春旅行記(3) オーストラリア編
チャリファナ青春旅行 : 投稿者 : 匿名 投稿日時: 2009-03-12

パース大学卒業後は自転車で世界一周する決心が固まっていた私は、全く就職活動することなく卒業し、旅の資金稼ぎのために電子機器メーカーの期間工として働いた。
そして99年12月、パースからシドニーへのオーストラリア横断+ニュージーランド走破のため、オーストラリア西端のパースへと飛んだ。

「地球の歩き方」に載っている安宿に行くと、ワーキングホリデーの日本人だらけで、日本から飛んできたのに、また日本に戻ってしまったような感じだった。

パースで数日間準備をし、遥か東のシドニーに向かって走り出した。物価が安いアジアでは、毎日宿に泊まり、その辺の食堂で食べていたが、オーストラリアではそうはいかない。キャンプ場か、宿に入ってもドミトリー(相部屋)で、自炊の生活である。

ナラボー平原オーストラリア西部を抜けると、難所・ナラボー平原。1,200kmの間、町は全くなく、100~200kmおきに、ロードハウス(ガソリンスタンド兼商店兼モーテルとキャンプ場)があるぐらいなのである。ナラボー平原への入口・ノースマンで食料10kg、水10kgを自転車に無理矢理積み込んで突入した。
自転車で一日に走れる距離は100kmぐらい。日によっては全く補給ポイントがなく、藪の中でキャンプという日もあるし、150kmひたすら直線という区間も。カセットを何本も持ち歩きたくないので(当時はi-podなど無かった)ラジオを持ってきたが、ラジオの電波も入りゃしない・・・。

海こんな退屈な道で、唯一の楽しみだったのがロードハウスでの冷えたビール。
何処の酒が美味かった云々って話はよく聞くが、「頑張って走った後のビール」が一番だろう。ひたすらだだっ広い平原で退屈だったが、海に接する区間もあり、写真のような景色も見られた。

2000年元旦は、ナラボー平原のど真ん中で地平線からの初日の出を!と思っていたが、その日はロードハウスにはたどり着けず、見晴らしも良くない藪の中で寂しい正月を迎えた。せめて短波ラジオだったら、紅白聞けたのに・・・。

こうして走り続けて10日間、ようやく次の町、セドゥナにたどり着いた。
先ず行ったのは、スーパーマーケット。ビールも肉も何でも買えるし、安い。ナラボー平原のロードハウスは、最寄の町が遠い程、品揃えが悪くなり、値段は高くなるのであった。

ここからのルートは、特に難所はなく、アデレード、メルボルンと進んでいく。英語はなかなか上手くならないが、タバコを巻くのが上手くなってきた。オーストラリアでタバコは日本より高く、貧乏旅行者の多くが割安な巻きタバコを吸うようになる。

どの町だったかは忘れたが、街中の公衆トイレに注射器回収ボックスを設置してあり、中を覗いてみると、本当に注射器が入っていた。ハードドラッグの常用者も少なくないのだろう。
シドニー パースを出発して2ヵ月半、走行距離で5,500kmでシドニーにたどり着き、日本人の溜まり場・東京ビレッジに泊まった。
私が到着した2,3日後、チャリダーS君が到着し、話をしているとジョイントを差し出されたが、それまで全く大麻というものを見たことも吸ったこともなく、差し出されたタバコが大麻であるとは考えもしなかった。
「えっ、何?」
「ガンジャだよ」
「ん?葉っぱとか言うやつ?」
さらに聞いてみると、「害なんて酒・タバコ以下だけど、当局の都合で麻薬扱いされている」「クソ熱いテントでも、飯がよく食え、よく眠れる」ということで、S君もバリバリ走れてるし、一度吸ってみようかと、吸わせてもらった。
「ん、別に何も変わらないけど・・・」
とスパスパ吸ってると、後からグラグラになってしまった。イスに座っているのもキツくなり、吐き気もして、トイレに行って吐き、何とかベッドに戻って動けなくなってしまった。当時はまだかわいかったもので、ベッドの上で、頭の中がグルグル回りながら「こんな事になるんだから、無害な訳はない。訳も無く禁止にされる訳はないだろう。」などと考えていた。S君は、慣れてないうちに吸いすぎるとそうなる。次からは良くなると言うが・・・、シドニー滞在中は、また吸いたいとは思わなかった。

そして、00年3月1日、シドニーからニュージーランド・クライストチャーチへと飛んだ。

ニュージーランド編に続く

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター