読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
質問と対話 > 厚生労働省との対話
厚労省は海外の医療大麻の現実を知らない[情報公開請求への予備回答]
厚生労働省との対話 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2009-03-15

2月19日付の厚労省に対する情報公開請求に対し、「行政文書開示請求の補正について(依頼)」と題する文書が3月10日付で届いた。

私が開示請求した文書は以下の3件だった。

(1)大麻取締法第四条二「大麻から製造された医薬品を施用し、又は施用のため交付すること」、及び三「大麻から製造された医薬品の施用を受けること」の二点につき、これを禁ずるに至った経緯を示す文書。

(2)「大麻から製造された医薬品を施用し、又は施用のため交付すること」及び「大麻から製造された医薬品の施用を受けること」を禁じた理由・根拠を示す文書。

(3)諸外国における大麻の医薬品としての取り扱いについて、大麻取締法を所管する厚生労働省として収集している資料・文献・法令などの文書。

送られてきた「補正について(依頼)」という文書は正式な回答ではなく、「文書特定に必要な情報が不足している部分がある」ので、捕捉してほしいというものだ。
そして、上記の開示請求のうち、(1)と(2)に関しては、該当する可能性のある文書として、以下の6点が挙げられている。

(1)昭和20年11月24日厚生省令第46号に関する官報の写し
(2)昭和21年6月19日厚生省令第25号(麻薬取締規則)に関する官報の写し
(3)昭和22年4月23日厚生農林省令第1号(大麻取締規則)に関する官報の写し
(4)昭和38年6月21日法律第108号に関する官報の写し
(5)大麻取締法(昭和23年7月10日法律第124号)案の提案理由説明案
(6)麻薬取締法等の一部を改正する法律(昭和38年6月21日法律第108号)案の提案理由説明案

「補正について(依頼)」と題する文書によると、このうちのどれが欲しいのか特定してくれとのこと。内容は文書を取り寄せてみないと分からないので、全て請求することにする。
そして、請求した(3)の文書については次のように書かれている。

「3.諸外国における大麻の医薬品としての取り扱いについて、大麻取締法を所管する厚生労働省として収集している資料・文献・法令などの文書」に該当すると考えられる文書は保有しておりません。

厚生労働省は、既に広く海外で医療目的で使われている大麻について、国内での研究を禁じ、さらに海外の現実について全く何のデータも持っていないことが明らかになった。つまり、厚労省は、医療大麻について、何も知らないということだ。厚労省医薬食品局監視指導・麻薬対策課には、海外の情報を収集する担当者がいるにもかかわらず。アホちゃうか、お前ら、何やっとんねん?
正式な文書回答を得たら、改めてお知らせします。
ので、クリックしてね。↓

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター