読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (2 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
お知らせ
主要政党の薬物乱用防止政策について
お知らせ : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2009-05-30

政党アンケートは引き続き新党大地と国民新党からの回答を待っているところだが、昨29日、新党大地にはお伺いの電話を入れた。先週の問い合わせの際、25日月曜日には頂けるとのことだったが、連絡がなかった。

鈴木宗男氏の公設第一秘書である宮野氏とお話することができ、「大至急やりますので」との返事を頂いた。
まだアンケートは出揃っていないが、既存の主要政党は、薬物乱用防止についてどのような政策を持っているのか、総選挙の前に確認し、要望書をを提出することにした。
現在の日本政府(自公政権)については、ゼロ・トレランス(非寛容)政策を採っており、少量の大麻栽培や所持で次々と逮捕し、違法ドラッグを営利目的で売る者だけでなく、末端の使用者に対しても厳罰で臨んでいる。そのために、覚醒剤中毒者などは、逮捕を恐れて医療機関に相談できず、症状を悪化させて、意識が錯乱し、無関係の第三者に危害を及ぼしてしまう危険性を高めている。これは明らかに政策的に招いている欠陥である。一方で、違法と合法を問わず、薬物の中毒になった者への医療的なケアに対するサポートはあまりにもお粗末で、ダルクのような民間団体に頼っているのが実情だ。

政権交代の可能性が高まる現在、では野党はどのような薬物乱用防止政策を掲げているのか。政党ごとに個別の記事としてレポートする。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター