読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

10名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
質問と対話 > 大麻有害論に問う > 国立精神・神経センター和田清氏への質問
国立精神・神経センター薬物依存研究部和田部長から無回答

6月5日にNHKで放送された『大麻の怖さ知っていますか?』で、厚労省所管の国立精神・神経センター薬物依存研究部の和田清部長医師がコメントされていた件について、これまで2度にわたって質問のメールをお送りしたが、回答がないので、電話で秘書の方に聞いた。

お送りしたメールはちゃんと和田医師に転送して読んで頂いているとのこと。何度か電話もしたが、電話があったことや、回答を催促していることについても、口頭でお伝え頂いているそうだ。つまり、回答がないというのが回答だろうか、と聞くと、秘書の方、「ええ、まぁ」。
直接電話でお話をしたいと伝えるが、それはできないのだそうだ。新聞記者なみに、夜討ち朝駆けでもするしかないのだろうか。

和田氏は、番組のなかで次ようなコメントもしている。

私たちは仕事柄、薬物依存に陥った人たちを見ております。そういう人たちと話をしてますと、そういう方が100人いた場合、100人とも、最初は自分は薬物依存になるとは思わなかったと、だから1回目をやってみたんだと、みんなそう言います。ところがですね、100人が100人とも薬物依存になってるんですね。

私はこれを聞いて、失礼ながら笑ってしまった。中学生相手の番組だとはいえ、これはいくらなんでもオカシイと、多くの子どもたちが感じるのではないだろうか。
和田先生は、仕事柄、薬物依存に陥った人たちを見ており、そういう人たちが100人いた場合、100人が100人とも薬物依存になっているそうだ。

・・・・そりゃ、そーでしょー。だって、そもそも最初から薬物依存の人100人を見ているのだから、そのうちの100人とも薬物依存だって、なんの説明にもなっていないではありませんか。リンゴを食べた人100人を見たら、100人ともリンゴを食べていた、と言っているのと同じです。無作為に抽出した大麻経験者100人のうち、何人が大麻依存になったのかを調べなければ、まったく統計的な意味などないでしょう。
私は、大麻柄、大麻が好きだけど依存症にはなっていない人たち100人に会ったことがありますが、100人が100人とも、依存症にはなっていませんでした。

和田先生、いくら大麻の怖さを伝える番組だからって、こーゆー説明は、かえって信用を失うのではないでしょうか。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター