読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News > 最新科学文献レビュー 2000~2009
神経膠腫症(グリオーマ)

神経膠腫症(グリオーマ)は脳にできるガンの中でも特に攻撃的な悪性腫瘍で、多くは診断後1~2年で死に至る。この腫瘍を治療する方法は現在知られておらず、対処療法で僅かに苦痛を取り除く程度しかできない。

最新の科学文献を検索すると、特に神経膠腫細胞株に対してカナビノイドが抗腫瘍効果を示したとする論文としては、多数の臨床前研究と、特にグリオーマ細胞株に対するカナビノイドの抗悪性腫瘍薬としての働きについて調べた臨床予備研究が一件見つかる。

THCによって培養液中の神経膠腫細胞がアポトーシス(プログラムされた細胞死)することが初めて報告されたのは、1998年のFEBSレター誌9月号で、スペイン・マドリッドのコンプルテンセ大学生物学科のグズマンの研究チームによるものだった[1]。彼らは、2000年にも最初の発見を追認する研究を発表し、THCの他にも合成カナビノイド・アゴニストのWIN55・212-2の投与で、動物の「悪性腫瘍に目立って退行した」と報告している[2]。さらに2003年の動物実験でも、カナビノイドには腫瘍の成長を抑制する能力があることを再度確認している[3]。

また同年には、イタリア・ミラノ大学薬理・化学療法・毒物学科の研究テームが、非精神活性カナビノイドのCBD(カナビジオール)には、投与量に応じて、人間の各種の神経膠腫細胞株の成長を抑制する働きのあることを生体内と生体外の双方の実験で確認している。薬理&実験治療学速報ジャーナル2003年11月号で彼らは、「非精神活性CBDが、生体内と生体外で著しい抗腫瘍作用をもたらした。このことは、CBDの抗腫瘍薬としての応用の可能性を示唆している」 と書いている[4]。

また、2004年にグズマンらは、動物と人間の多形神経膠芽腫に対して、カナビノイドが血管内皮増殖因子に作用して血管の形を変えることで神経膠腫の成長を抑制すると報告している。ガン研究ジャーナル2004年8月号では、「実験室および臨床現場におけるこの発見は、カナビノイド治療をベースにした全く新しい薬理の方向性を指し示している」[5] と結論づけている。

最近の報告とすれば、カリフォルニア&太平洋医学研究センターのチームが、人間の多形神経膠芽腫細胞株にTHCを投与すると悪性腫瘍の増殖を減少させ、合成カナビノイドWIN55・212-2よりも迅速に細胞死を引き起こしたと発表している。また研究者たちは、合成カナビノイドに比らべて、THCのほうが健康な細胞を回避しながら悪性細胞だけを際立って選択的に攻撃したとも指摘している[6]。

さらに最近グズマンらは、多形神経膠芽腫が再発したと診断された患者にTHCを投与したところ膠芽腫が減少したと報告している。この実験は人間の多形神経膠芽腫にカナビノイドを使った初めての臨床予備研究として行われたもので、THCの腫瘍内投与で、患者9人中2人に腫瘍細胞増殖に対する抑制効果が見られたとしている。彼らは、「THCの確実な安全性に加えて、この実験や他の研究で示された腫瘍細胞に対する抗増殖作用を考えると、カナビノイドの抗腫瘍効果の可能性を評価する将来の臨床研究に向けた土台が用意されたと言える」 と書いている[7]。

現在では、他の研究者たちからも、グリオーマ治療に向けて大麻ベースの治療法のさらなる研究を呼びかける動きも出てきている[8-10]。

神経膠芽細胞を制御するカナビノイドの能力に関しては、さまざまな研究で、カナビノイドとエンドカナビノイドが各種のガン細胞株の増殖を抑制することが示されている。そうしたガンとすれば、乳ガン[11-14]、前立腺ガン[15-17]、結腸直腸ガン[18]、胃腺ガン[19]、皮膚ガン[20]、白血病細胞[21-22]、神経芽腫[23]、肺ガン[24-25]、子宮ガン[26]、甲状腺上皮腫[27]、脾臓腺ガン[28-29]、子宮頚癌 [30]、リンパ腫 [31]、などがある。

こうした結果を受けて、現在では多くの専門家たちは、カナビノイドが 「全く新しい種類の抗ガン剤として、ガンの成長を遅らせ、血管形成やガンの転移拡大を抑制する」[32]と考えており、現在までのところ、少なくとも精神活性のないCBDについては、実際にガン治療に利用してみることが提唱されている[33]。

参考文献
[1] Guzman et al. 1998. Delta-9-tetrahydrocannabinol induces apoptosis in C6 glioma cells. FEBS Letters 436: 6-10.

[2] Guzman et al. 2000. Anti-tumoral action of cannabinoids: involvement of sustained ceramide accumulation and extracellular signal-regulated kinase activation. Nature Medicine 6: 313-319.

[3] Guzman et al. 2003. Inhibition of tumor angiogenesis by cannabinoids. The FASEB Journal 17: 529-531.

[4] Massi et al. 2004. Antitumor effects of cannabidiol, a non-psychotropic cannabinoid, on human glioma cell lines. Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics Fast Forward 308: 838-845.

[5] Guzman et al. 2004. Cannabinoids inhibit the vascular endothelial growth factor pathways in gliomas (PDF). Cancer Research 64: 5617-5623.

[6] Allister et al. 2005. Cannabinoids selectively inhibit proliferation and induce death of cultured human glioblastoma multiforme cells. Journal of Neurooncology 74: 31-40.

[7] Guzman et al. 2006. A pilot clinical study of delta-9-tetrahydrocannabinol in patients with recurrent glioblastoma multiforme. British Journal of Cancer (E-pub ahead of print).

[8] Parolaro and Massi. 2008. Cannabinoids as a potential new drug therapy for the treatment of gliomas. Expert Reviews of Neurotherapeutics 8: 37-49

[9] Galanti et al. 2007. Delta9-Tetrahydrocannabinol inhibits cell cycle progression by downregulation of E2F1 in human glioblastoma multiforme cells. Acta Oncologica 12: 1-9.

[10 Calatozzolo et al. 2007. Expression of cannabinoid receptors and neurotrophins in human gliomas. Neurological Sciences 28: 304-310.

[11] Cafferal et al. 2006. Delta-9-Tetrahydrocannabinol inhibits cell cycle progression in human breast cancer cells through Cdc2 regulation. Cancer Research 66: 6615-6621.

[12] Di Marzo et al. 2006. Anti-tumor activity of plant cannabinoids with emphasis on the effect of cannabidiol on human breast carcinoma. Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics Fast Forward (E-pub ahead of print).

[13] De Petrocellis et al. 1998. The endogenous cannabinoid anandamide inhibits human breast cancer cell proliferation. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 95: 8375-8380.

[14] McAllister et al. 2007. Cannabidiol as a novel inhibitor of Id-1 gene expression in aggressive breast cancer cells. Molecular Cancer Therapeutics 6: 2921-2927.

[15] Sarfaraz et al. 2005. Cannabinoid receptors as a novel target for the treatment of prostate cancer. Cancer Research 65: 1635-1641.

[16] Mimeault et al. 2003. Anti-proliferative and apoptotic effects of anandamide in human prostatic cancer cell lines. Prostate 56: 1-12.

[17] Ruiz et al. 1999. Delta-9-tetrahydrocannabinol induces apoptosis in human prostate PC-3 cells via a receptor-independent mechanism. FEBS Letters 458: 400-404.

[18] Pastos et al. 2005. The endogenous cannabinoid, anandamide, induces cell death in colorectal carcinoma cells: a possible role for cyclooxygenase-2. Gut 54: 1741-1750.

[19] Di Marzo et al. 2006. op. cit

[20] Casanova et al. Inhibition of skin tumor growth and angiogenesis in vivo by activation of cannabinoid receptors. 2003. Journal of Clinical Investigation 111: 43-50.

[21] Powles et al. 2005. Cannabis-induced cytotoxicity in leukemic cell lines. Blood 105: 1214-1221

[22] Jia et al 2006. Delta-9-tetrahydrocannabinol-induced apoptosis is jurkat leukemic T cells in regulated by translocation of Bad to mitochondria. Molecular Cancer Research 4: 549-562.

[23] Manuel Guzman. 2003. Cannabinoids: potential anticancer agents (PDF). Nature Reviews Cancer 3: 745-755.

[24] Ibid.

[25] Preet et al. 2008. Delta9-Tetrahydrocannabinol inhibits epithelial growth factor-induced lung cancer cell migration in vitro as well as its growth and metastasis in vivo. Oncogene 10: 339-346.

[26] Manuel Guzman. 2003. Cannabinoids: potential anticancer agents (PDF). Nature Reviews Cancer 3: 745-755.

[27] Baek et al. 1998. Antitumor activity of cannabigerol against human oral epitheloid carcinoma cells. Archives of Pharmacal Research: 21: 353-356.

[28] Carracedo et al. 2006. Cannabinoids induce apoptosis of pancreatic tumor cells via endoplasmic reticulum stress-related genes. Cancer Research 66: 6748-6755.

[29] Michalski et al. 2007. Cannabinoids in pancreatic cancer: correlation with survival and pain. International Journal of Cancer (E-pub ahead of print).

[30] Ramer and Hinz. 2008. Inhibition of cancer cell invasion by cannabinoids via increased cell expression of tissue inhibitor of matrix metalloproteinases-1. Journal of the National Cancer Institute 100: 59-69.

[31] Gustafsson et al. 2006. Cannabinoid receptor-mediated apoptosis induced by R(+)-methanandamide and Win55,212 is associated with ceramide accumulation and p38 activation in Mantle Cell Lymphoma. Molecular Pharmacology (E-pub ahead of print).

[32] Natalya Kogan. 2005. Cannabinoids and cancer. Mini-Reviews in Medicinal Chemistry 5: 941-952.

[33] Di Marzo et al. 2006. op. cit.

Source: NORML & NORML Foundation
Updated: Jan 18, 2008
Subj: Gliomas
Author: Paul Armentano, Deputy Director
Web: http://www.norml.org/index.cfm?Group_ID=7008


マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ

【転載元】
カナビスの医学研究 | 神経膠腫症(グリオーマ)| カナビス・スタディハウス

(※THC注:転載元のカナビス・スタディハウスでは、解説などが頻繁にアップデートされています。最新の情報を確認するためにも、転載元のカナビス・スタディハウスにアクセスすることをお勧めします。)

 

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター