読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

4名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News > 最新科学文献レビュー 2000~2009
かゆみ

かゆみ (そう痒症) は、さまざまな皮膚病にともなう症状のほか、肝不全などの深刻な肝臓疾患の2次症状としてもあらわれる。他の皮膚感覚と違い、一般に、かゆみは中枢神経系の活動によって引き起こされ、通常の標準的治療法ではほとんど改善しない。

科学文献を検索してみると、かゆみの治療にカナビノイドを使った臨床研究は3件見つかる。アメリカ胃腸病ジャーナルの2002年8月号では、マイアミ大学医学部の研究チームが、3人の胆汁うっ滞性肝疾患患者に5mgのTHCを投与して治療に成功している[1]。

カナビノイド治療を行う以前には、標準的な治療法を試みたが改善はみられず働くこともできなかったが、カナビノイドを投与した晩から、3人ともかゆみが弱まって睡眠に「めざましい改善」がもたらされ、徐々に仕事に復帰できるようになった。また、3人のうち2人は、うつの症状も解消した。研究者たちは、「THCは、胆汁うっ滞性肝疾患の患者では効果的な代替治療法として利用できる」と結論を書いている。

その翌年、炎症研究ジャーナルの2003年6月号でイギリスの研究チームは、実験的にかゆみを引き起こした12人に合成カナビノイド・アゴニストHU211を周辺投与したところ、著しい軽減効果が得られたと報告している[2]。彼らは、それ以前にも、HU210を人間の皮膚に局所適応して、実験的に引き起こした痛みや急性の灼熱感の軽減に成功している[3]。

さらに最近の研究としては、ポーランド医科大学皮膚学部の研究チームが、エンドカナビノイドをベースにした局所適応クリームで、血液透析患者の尿毒性かゆみや異常な乾燥症が軽減したと報告している[4]。1日2回3週間のクリーム適応で、患者の38%が「完全にかゆみが消え」、その他の患者も「いちじるしく軽減」した。患者の81%が、大麻治療で乾燥症が完全に無くなっている。

こうした有望な予備結果を得て、現在では、皮膚科の一部の専門家たちは、カナビノイドとカナビノイド・システムには 「かゆみに効果的に対処する新しい道が約束されている」 としている[5]。

参考文献

[1] Neff et al. 2002. Preliminary observation with dronabinol in patients with intractable pruritus secondary to cholestatic liver disease. American Journal of Gastroenterology 97: 2117-2119.

[2] Dvorak et al. 2003. Histamine induced responses are attenuated by a cannabinoid receptor agonist in human skin (PDF). Inflammation Research 25: 238-245.

[3] Dvorak et al. 2003. Cannabinoid agonists attenuate capsaicin-induced responses in human skin. Pain 102: 283-288.

[4] Szepietowski et al. 2005. Efficacy and tolerance of the cream containing structured physiological lipid endocannabinoids in the treatment of uremic pruritus: a preliminary study. Acta Dermatovenerologic Croatica (Croatia) 13: 97-103.

[5] Paus et al. 2006. Frontiers in pruritus research: scratching the brain for more effective itch therapy. Journal of Clinical Investigation 116: 1174-1185.

Source: NORML & NORML Foundation
Updated: Jan 17, 2008
Subj: Prurtitis
Author: Paul Armentano, Deputy Director
Web: http://www.norml.org/index.cfm?Group_ID=7014


マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ

【転載元】
カナビスの医学研究 | かゆみ | カナビス・スタディハウス

(※THC注:転載元のカナビス・スタディハウスでは、解説などが頻繁にアップデートされています。最新の情報を確認するためにも、転載元のカナビス・スタディハウスにアクセスすることをお勧めします。)

 

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター