読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

11名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
NORML設立者キース・ストスロープがCNNでオバマ司法省メモについて議論
ニュース速報 : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2009-10-22

州法で保護された医療大麻患者や医療大麻薬局に対し、連邦政府は捜査対象としないとしたオバマ政権(司法省)のメモランダムについて、CNNで賛否両論の立場から論客が参加して議論している。

司法省の正式な決定を評価する立場からは、NORMLの設立者である弁護士のキース・ストロープとLEAPのニール・フランクリンが出演。薬物反対の立場からはDrug Free AMERICAのカルビーナ・フェイ。議論は今回の司法省のメモランダムが大きな意味を持つのかといった点からスタートしている。NORMLは言わずと知れた大麻の個人使用を合法化する立場から活動している団体で、LEAP(Law Enforcement against Prohibition)は元警察官や法執行機関の関係者などが中心となってドラッグの合法化を主張している団体。

アメリカのマスコミも日本と同様に大麻を擁護するような観点はあまり報じられないようだが、少なくとも医療大麻を合法化する州が14もある現状で、このような賛否両論の立場から議論できるアメリカのテレビ・メディアは日本に比べれば「健全」だと言えるかもしれない。「みなさまのNHK」に爪の垢でも煎じて飲ませたいが、報道局の人たちはオエェとなるだろうか。


★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター