読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

4名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > Marijuana Policy Project
マリファナ:THCだけがマリファナの成分なのではない
Marijuana Policy Project : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2009-10-27

マリファナ:THCだけがマリファナの成分なのではない
ブルース・ミルケン(by Bruce Mirken)

メディアや人々が、THCをマリファナが有する唯一の「活性成分」として言及する傾向にあることには戸惑いを覚えている。TCHは間違いなく「ハイ」になる成分なのであるが、他の植物には含まれないカンナビノイドとばれる、約80種類の特有な複合物質のひとつなのである。これらの複合物質の多くは、医療への応用など潜在的な有用性を持つという点で興味深いものであり、精神に対する副作用もない。

これら、他のカンナビノイドについて知りたい方は、ジャーナル誌『薬理科学における動向』(Trends in Pharmacological Science)で掲載されているこの最近のレビューを参照して頂きたい。

この記事の中では、主にカンナビジオール(CBD)に言及しており、「CBDは、炎症、糖尿病、癌、情緒・神経変性の病気において、医療品として明確な薬学的効果を及ぼす」と注目されている。また、CBDはこれらの複合物質の中では最も研究が盛んなものである。この物質は抗精神病に対して効果を持ち、従来の抗精神病薬よりも副作用が少ないのである。その他のカンナビノイドの多くもよく似た特性を持ち、潜在的な有用性がある。例えば、カンナビクロメーネ(cannnabichromene)は、抗菌や抗炎症効果、それに加え適度の鎮痛効果も持つのである。

この記事は、その精神変容作用のため、THCに少し否定的な傾向がある。更に、安全性・有用性の高い漢方としての構成要素よりも、むしろ個々の化学物質としてのカンナビノイドに主に焦点を当てている(医学文献によく見られる典型的なバイアスなのである)。しかし、いくらかの限界はあるにせよ、この文献は読まれるに値するものである。

Source:MPP Blog
Marijuana: It’s Not Just THC
October 13, 2009


マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ


翻訳とコメント by ゴブリン

薬理学・医学の観点からの大麻の研究は日本では禁止されているようです。社会が何かを規制する際にはしっかりと考えなければならないとおもいますね。本当に副作用の少ない、医療品が作れるのならばかなりの可能性を無視しているということになりますから。

 

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター