読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > Marijuana Policy Project
カリフォルニア州のもう一つのマイルストーン
Marijuana Policy Project : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2009-11-30

カリフォルニア州でのもう一つのマイルストーン
F.アーロン・スミス(F. Aaron Smith)2009年10月29日

昨日、カリフォルニア公衆安全委員会で催された「マリファナ合法化と規制」の公聴会に参加できたことは、私にとって嬉しいことだった。3時間の公聴会の中では、州議会に対する専門家からの証言も見られた。その証言とは、マリファナで一般市民を逮捕することはあきらかに警察財源の浪費であり、マリファナをコントロー ルする唯一の方法は禁止をすることを止めて、販売するための規制を設けることである、というものだった。

変革を支持する証人のなかには、元上級裁判所裁判官のジェームズP.グレイ(James P. Gray)や、元サンフランシスコ地方検事のテレンス・ハリナン(Terece Hallinan)も見られた。二人とも刑事司法制度の内側から、じかにマリファナ取締りの無益さを目の当たりにしてきた人物だ。

マリファナの取締りを生業としているいくつかの法執行機関もこの公聴会に参加していた。このブログの読者は、こういった凝り固まった圧力団体が、議員たちに法変革を踏みとどまらせるために誇張やあからさまな嘘をいつもの戦術として使った、と聞いても驚くことは無いだろう。

一つ確かなことがある。それは、昨日の公聴会が、マリファナに対して、人々が健全な判断をするための一つのステップだったということだ。マリファナやその政策の効果にかんする真実に慣れ親しんだ議員や有権者が多くなればなるほど、彼らは禁止にとらわれない代替案を求めるようになる。

この公聴会は、次の公聴会、そして公衆安全委員会が1月に行うと期待されている法案A.B.390―マリファナに対する課税と規制のための法律―に対する投票のセッティングしたのである。

このビデオは、この歴史的公聴会と双方のディベートを取り扱ったニュースレポートの内の一つである。


Source:MPP Blog
Another Milestone in the Golden State
by F. Aaron Smith October 29, 2009

 


マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ


翻訳 by ゴブリン

 

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター