読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > Marijuana Policy Project
さらに3人のドラッグ政策顧問が辞任
Marijuana Policy Project : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2009-12-17

さらに3人のドラッグ政策顧問が辞任
by マイク・メノ(Mike Meno)
2009年11月10日

ドラッグ政策顧問のトップであったディビット・ナット教授(Prof. David Nutt)が解任されて数週間がたった。この間のマリファナ罰則強化の決定を含め、いくつかのイギリスにおけるドラッグ政策を公然と非難したためである。この辞任がイギリスに杭を打ち込み続けている。

今日(訳注:記事掲載は11月10日)、ナットの解任を要求したアラン・ジョンソン(Alan Johnson)国務大臣による説明に不満を抱き、薬物乱用諮問委員会(the Advisory Council on the Misuse of Drugs)のメンバー3人が、抗議のため辞任していたことが報じられた。彼らの辞任前は31人の委員がいたのだが、サイモン・キャンプベル(Simon Campbell)・イアン・レーガン博士(Dr. Ian Ragan)・ジョン・マースデン(John Marsden)の辞任で、この話題が持ち上がってから、5人の委員が抗議のために去っていったことになる。


マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ


Source:MPP Blog
Three More Members of UK’s Drug Advisory Board Resign
November 10, 2009

翻訳 by ゴブリン
抗議のためにポストを捨てられる科学者と、それを報道するメディアを見て、個人的にはとても安心感をおぼえます。なにやら強い信念を感じ、またそれが社会に邪険にされてないことを確認できるからです。日本ではこうはいかないような気がするなぁ。でも、科学的に構築されたものを過小評価してはいけないように思います。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター