読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

5名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > Marijuana Policy Project
連邦議会がワシントンD.C.の医療大麻法を解禁
Marijuana Policy Project : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-01-07

連邦議会がワシントンD.C.の医療大麻法を解禁
2009年12月13日
by ベン・モリス

本日、米上院で歴史的な法案が可決された。10年にわたるワシントンD.C.での医療大麻法施行の禁止が終わりを告げたのだ。連邦議会が大麻に関する法律を良い方向に転換したのは、歴史上初めてのことである。唯一オバマの署名が、法律となるための変更に必要となる。

これは、この国の首都に住む医療用大麻の患者にとっての大勝利であるだけではない。アメリカ全体での医療大麻問題における歴史的なシフトを示しているのである。大麻の医療的使用を許可する州法、あるいは地方自治体の法律に連邦議会が賛同したのは初めてのことである。もはや、州の医療大麻法に司法省が干渉することはないということに加えて、基盤が根本的に変わったということを意味している。

ワシントンD.C.での法律が発効に至るためには、市議会は1998年に作られた原文の発案を連邦議会に送らなければならない。30日間の再審理のためである。このことで障害が現れるとはないだろう。再審議での結論を経て、この法律は発効に至ることになる。そうなれば、D.C政府は発案の施行を取り締るために作られた規制について非難されることになるだろう。

連邦政府はとうとう有権者の声に耳を傾け始めたようだ。その有権者とは、大麻の医療的価値において、医学界での高まる認識を後援し、医療用大麻の患者たちのために、10年以上もの間、後援してきた人たちのことである。この法律の解禁は、国家改革というには程遠いものではある。しかし、確実に、将来起こることの 良い前兆なのである。


マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ


Source:MPP Blog
Congress Lifts Ban On D.C. Medical Marijuana Law
December 13, 2009

翻訳とコメント by ゴブリン
正直な感想は、「よぉ、頑張った!!大変やったやろうに。よぉ、頑張った!おめでとう」である。これからも、いろいろな障害があるだろうが、さらに前進してほしいと思う。なぜなら、このことはアメリカ国内に留まらずに、我々にも勇気をくれるから。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター