読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究によると適度の大麻使用は認知能力に影響を与えない
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-01-14

研究によると適度の大麻使用は認知能力に影響を与えない
2009年12月17日ドイツ、ミュンヘン

ドイツ、ミュンヘン:大麻や精神作用のある薬物の適度な使用は認知機能を損なわないということが、オンライン雑誌 Human Psychopharmacologyに掲載された臨床試験データにより明らかになった。

ミュンヘンにあるルーディング・マキシミリアン大学の研究者らが薬物の適度な使用と認知の関係を若い成人284人の人口ベースサンプルを用いて調査した。被験者は、記憶や衝動性の働きである統合機能の評価を含んだ、認知的な一連の神経心理学テストを完了させた。(統合機能は”決断をしたり、効率的に時間を管理したり、仕事に優先順位を付けたり、行動や思考を纏める個人的な能力を統制する認知的なプロセス”として定義付けられている)

研究者らは「より頻繁な大麻使用やより過度なアルコール消費は高い度合いで衝動性に影響があった」と締めくくった。それから彼らは「適度な薬物使用においては、統合機能における変異を示すものはほとんど見られなかった」と結論付けた。

さらなる情報はNORMLの幹部責任者ピエール・アレン(202)483-5500、または副責任者のポール・アーメント(paul@norml.org)にコンタクトしてほしい。研究の正式名称は"Is moderate substance use associated with altered executive functioning in a population-based sample of young adults," will appear in Human Psychopharmacology”。大麻使用と認知機能についてのさらなる情報がNORMLのサイトhttp://norml.org/index.cfm?Group_ID=6812から入手できます。


大麻マリフアナ大麻大麻マリフアナ大麻大麻マリフアナ大麻


Source: NORML NEWS
Moderate Marijuana Use Not Associated With Altered Cognitive Skills, Study Says
December 17, 2009 - Munich, Germany

翻訳とコメント by K-Seiji
なんでも適量だと思います。わたしは甘いものと脂っこいものを食べ過ぎると足元がフラフラして、ちょっと”ヘン”になります。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター