読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (7 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > Marijuana Policy Project
黄金の州(カリフォルニア)での勝利
Marijuana Policy Project : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-02-02

黄金の州(カリフォルニア)での勝利
2010年1月13日
アーロン・スミス(F. Aaron Smith)

昨日(1/12)、カリフォルニア議会の公安委員会で大麻を合法的に課税し、州全域で規則化することになるだろう議案について投票が行われ、好意的な結果が出た。投票に先立ち、委員会メンバーは私やドラッグ・ポリシー・アライアンスのステファン・ガトリングなど同法支持者から証言を聞き取った。驚くことではないが、A.B. 390(大麻合法化課税法案)の敵対者は大麻消費者と戦うことで日銭を稼ぐ揺るがぬ法の番人だった。

A.B. 390法制化の締め切りがあるので、今年はこれ以上は進展しそうにない。けれども、これは今回の投票の歴史的重要性を少しも減少させたりはしない。このカリフォルニアでは100年近くも大麻は非合法だったのだし、不可解な方針を改革する青写真が、議会の要の委員会に受け入れられるというのは、決して小さな成果ではない。

A.B. 390の起草者トム・アミアーノ(サンフランシスコ議)は、近く似通った議案を再度喧伝することを企んでいる。それからlooming November ballot initiativeもカルフォルニアの弁護士らに優先的に大麻議案に取り掛かるきっかけを提供するようだ。

公聴会の全模様はこちらで観ることができる。


大麻マリフアナ大麻大麻マリフアナ大麻大麻マリフアナ大麻


Source: MPP Blog
Victory in the Golden State
January 12, 2010

翻訳 by K-Seiji

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター