読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > Marijuana Policy Project
「禁止政策」は十代の若者の大麻使用を減らすことが出来なかった
Marijuana Policy Project : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-04-06

「禁止政策」は十代の若者の大麻使用を減らすことが出来なかった
by マイク・ミノ(Mike Meno)

March 2, 2010
今日「ドラッグのないアメリカのためのパートナーシップ(PDFA)」から発行された報告 によれば、大麻を使用するアメリカの十代の若者の数は、ここ10年で初めて増加し、1ヶ月以内に大麻を使用したと答えたグレード9から12の若者は19%から25%と増加した。

これらの数字が示していることは―PDFAのような機関がどのような曲解をしたとしても―現在の大麻政策は明らかに十代の若者の大麻使用を減らすことに失敗しており、別のアプローチが必要であると言うことだ。今現在、十代の若者は簡単に大麻を手に入れることが出来る。なぜなら現在大麻は管理されておらず、身分証の確認をしないドラッグディーラーによって排他的に支配されているからだ。

それゆえに解決策は―このブログの読者なら再三聞いているだろうが―至って単純だ。大麻に課税し管理すればよい。そうすれば、身分証の確認が義務付けられ、もしそれを怠ると厳しい処罰を受けるような、許可を受けた販売業者のみが大麻を販売できるようなる。同様のアプローチによって、この国では過去20年で十代の若者の喫煙を大幅に減らすことが出来た。このアプローチは海外でも効果を挙げている。例えばオランダでは、大麻は制限された施設で年齢証明を提示した成人に販売されている。その結果2008年のWHOの調査 によれば、オランダでの全体での大麻使用率は米国の半分以下である。加えて、オランダの十代の若者のうち15歳までに大麻を経験したのはたった7%である。政府の見積もりによれば、米国では20.2%もの十代の若者が15歳までに大麻を経験している。

もしこの国が、真剣に大麻が十代の若者の手に届かないようにしたいのなら、「禁止」ではうまくいかないという単純な事実を受け入れなければならない。「管理」ならばうまくいくだろう。

★ ★ ★


Source: MPP Blog
Mike MenoProhibition Fails to Reduce Teen Marijuana Use
March 2, 2010

翻訳 by とら

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター