読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (7 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
ゴールデンタイムのTV番組に大麻が登場し過ぎてる?
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-04-07

ゴールデンタイムのTV番組に大麻が登場し過ぎてる? 2010年3月28日、NORML事務局長アレン・セント・ピエール

ゴールデンタイムのTV番組において、大麻の使用について語られる頻度が明らかに高まっている。私はその事について議論するようにFox Newsから依頼を受けた。

大麻の使用について特集したゴールデンタイムのTV番組は1960年代から数多くあり、1990年代の半ばからは医療目的での使用について取り上げたものが増えていたが、今では大麻の使用を一度かそれ以上の回数で特集する番組が山のようにある。私の見たところでは、それらの全てではないとしても殆どの番組が大麻の大衆的な人気とその禁止法に焦点を当てている。

この生放送での議論を行う理由となったものは、保守的な市民団体である"Parents Television Council (親たちのテレビ会議)" の持っている、一つの懸念である。この団体は、大麻の使用を扱うTV番組があまりにも多過ぎて、その事がおなじみの『子供達への間違ったメッセージ』を送る結果になっていないかと懸念している。
それで私たちがどんな番組の事を言っているのかと言うと…

-The Simpsons

-Family Guy

-American Dad

-Cleveland Show

-Gossip Girl

-Glee*

-Parenthood (NORML 奉仕活動コーディネーターがこの番組の初日の特集について書いていた。何の特集だと思う?)

-Parks and Recreation

これらの人気番組で大麻が扱われる事の妥当性について私たちが議論していたのは、皮肉にも、まさにそのような番組を量産しているTV放送網の上での事であった。

もし若者を対象としたゴールデンタイムの番組で、ドラッグの使用を公然かつ不当に美化するものがあるならば、殆どの親たちは当然それについて憤概し、懸念するであろう。しかし問題の番組の話の筋を見れば、物語としての衝突、不和、ストーリー上の緊張を引き起こしているのは大麻の使用それ自体が原因ではなく、むしろ大麻の法的な禁止が原因である事に気付くだろう。

ある人々の直感とは相容れないであろうが、もしゴールデンタイムのTV番組で煙草やアルコール製品(いずれも子供には禁止されている)が扱われる事が、例のドラッグが不人気となりつつある事の指標になるのであれば、大麻の使用は醜化され、合法となって実際にコントロールされ(禁止するというのは社会的なコントロールと方針決定の放棄である)適切に課税されるべきだとする考え方は文化的に時代遅れのものになるだろう。
(訳注: 直感どころか何を言っているのか全く解りません。この部分を訳すために 20 回くらい読み返したけど駄目でした。)

もうすぐ『4月20日』になる。過去数年に起きた事が今年も起こるとすれば、たくさんの TV 番組が、そして G4, Spike, Comedy Central のような TV 放送網が 4月20日の為の特別番組を放送するだろう。

★ ★ ★

Source: NORML BLOG Is There Too Much Marijuana On Prime Time TV?
March 28th, 2010 By: Allen St. Pierre, NORML Executive Director

翻訳とコメント by PHO
つまりアメリカではマスコミが大麻開放運動を後方支援しているというわけだ。一方で日本のマスコミはNHKの「大麻の怖さ知っていますか?」を始めとして、事実による裏付けの無い厚生労働省の大麻批判を無検証のまま垂れ流す事が基本の姿勢であり、僅かなりとも理性的な報道を行うメディアは一部の週刊誌のみである。アメリカでの大麻開放の動きがマスコミと全く無関係だと言うわけには行かず、これは私たちにとって大変不利な状況だ。

そこで私たちには二つの選択肢があり、一つは事実に基いた大麻報道をマスコミにさせること、もう一つは自分でマスコミと並ぶレベルの影響力を持つ事だ。いずれか簡単な方をやれば良いのだが、どちらが簡単だろうか。マスコミが厚生労働省の公式見解に無批判に固執する本当の理由を突き止めて、その理由を無くしてやる事ができれば良いのだろうが、これは記者クラブ問題と関わっているのだろうか。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター