読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

12名さま。クリックのご協力を! (7 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
ニューヨーク市:2009年の大麻による逮捕者数が過去2番目の多さに
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-04-22

ニューヨーク市:2009年の大麻による逮捕者数が過去2番目の多さに
2010年4月2日 米国ニューヨーク州ニューヨーク市

ニューヨーク市:ニューヨーク州刑事司法部局の統計をクイーンカレッジの社会学者ハリー・レビン(Harry Levin)が解析した結果によれば、ニューヨーク市警は2009年に公共の場での大麻所持で46,000人を逮捕した。ニューヨーク市での年間の総逮捕者数としては史上2番目の多さで、警察発表の大麻による逮捕者数が1,000件以下だった1990年の4,600%以上となった。

ニューヨーク市警は、公共の場での大麻使用あるいは所持を含む、最低レベルの大麻所持[ニューヨーク州刑法221.10]で、46,400件もの逮捕を行った。逮捕者のうち、54%はアフリカ系アメリカ人で、33%はヒスパニックであり、10%のみが白人であった。

ニューヨーク市の人口のうち、およそ半数はアフリカ系アメリカ人およびヒスパニックから成っている。

逮捕者率の人種間格差について、レビンは「大麻所持による逮捕率は、黒人が白人の7倍、ラテン系アメリカ人が白人の4倍だ。」とコメントしている。

レビンは更に、逮捕者のうち90%は男性で、その多くは26歳以下だったと指摘している。これら全ての逮捕において、大麻所持が最も重大あるいは唯一の容疑だった。

ニューヨーク州において大麻の単純所持は「違反」であって「犯罪」ではないが、大麻が「公共の場にさらされた」場合は軽犯罪として訴追されうる。2008年にハリー・レビン(Harry Levine)とデボラ・スモール(Deborah Small)により行われ、ニューヨーク人権擁護連盟によって発表された調査によれば、警察は過去10年で約40万件の軽犯罪の大麻所持による逮捕を行ってきた。

「1997年以来毎年、ニューヨーク市は何万人もの若者たちに、大麻を取り出し手渡すように、強要したり鎌をかけてきた。そして若者たちがそうすると、彼らは手錠を掛けられ、逮捕され、たいてい市の拘置所で24時間を過ごすこととなる。」

ニューヨーク人権擁護連盟の調査は、ニューヨーク市の大麻による逮捕に年間5千万から9千万ドルもの税金が費やされていると見積もっている。

更なる詳細については(202) 483-5500 からNORML顧問弁護士Keith Stroup、またはNewYorkNORML@aol.comにコンタクトを。

マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ

Source:NORML NEWS
New York City: Pot Arrests For 2009 Second Highest Total Ever
April 2, 2010 - New York, NY, USA

翻訳 by とら

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター