読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

11名さま。クリックのご協力を! (9 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
統合失調症の発症年齢は大麻使用と無関係との研究結果
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-06-17

統合失調症の発症年齢は大麻使用と無関係との研究結果
2010年6月9日 米国ニューヨーク州グレンオークス

ニューヨーク州グレンオークス:「統合失調症研究(Schizophrenia Research)」ジャーナルにオンラインで発表された臨床試験データによると、大麻使用は、初めて統合失調症を発症した患者の精神疾患の発症と、単独では無関係である。

ロングアイランドのザッカーヒルサイド病院、ブロンクスレバノン病院、アルバートアインシュタイン医科大学、ファインスタイン医学研究所、イェール大学、米国国立精神保健研究所の研究者たちは、生涯の大麻使用が統合失調症患者の陽性症状の早期発症と関係があるかどうかの評価を行った。研究者たちは、統合失調症を初めて発症した大麻使用歴のある被験者49人を、統合失調症を初めて発症した非合法薬物の使用歴のない被験者51人と比較した。

「大麻使用はほとんどの患者において病気の発症よりも前になされたが、病気の発症(と大麻使用)との間には有意な関係が無く、このことは人口統計学的変数や臨床的変数では説明がつかない。大麻の乱用と統合失調症には関係性があるとみなしている過去の研究は、大麻の乱用と統合失調症の間の関係について、より包括的な評価を行う必要があるだろう。」と著者らは述べている。

全体的に見ると、生涯の大麻使用歴のある被験者は非使用者に比べて、男性が多く、調査開始時に重い陽性症状を有し、社会経済的に低い地位にあるという傾向があった。

詳しい情報はpaul@norml.orgからNORML副理事ポール アルメンターノ(Paul Armentano)にお問い合わせを。研究の全文「大麻の乱用は精神疾患の早期発症と関係があるのか?-統合失調症を初めて発症した患者における研究」は「統合失調症研究」から参照できる。

マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ

Source: NORML NEWS
Age Of Onset Of Schizophrenia Not Associated With Marijuana Use, Study Says
June 9, 2010 - Glen Oaks, NY, USA

翻訳 by とら

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター