読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
メイン州やその他の州において医療大麻ディスペンザリーの開設が承認される
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-08-03

メイン州やその他の州において医療大麻ディスペンザリーの開設が承認される
2010年7月16日 - アメリカ合衆国メイン州オーガスタ

メイン州オーガスタ: 州保健当局は、州の八区域のうち六区域で医療大麻ディスペンザリーの運営者を認定した。

地方新聞の報道によると、六ヶ所の施設の運営者として三つの非営利法人が選ばれた。その法人の一つである北東部患者会は、六ヶ所の施設のうち四ヶ所を開設する事になった。北東部患者会はカリフォルニアの著名な医療大麻ディスペンザリーを運営するバークレー患者会との繋がりがある。

州保健当局は20名以上からディスペンザリー運営の申請を受け取っていた。

州は残りの二区域については運営申請を棄却したが、今年の夏の終わり頃に承認を再開するという。

今年四月に州議会は、州の八つの公衆衛生区域のそれぞれに対して一ヶ所ずつ、最大八ヶ所の非営利医療大麻ディスペンザリーを開設する事を認める条例を成立させた。この条例の下でディスペンザリーは州の承認を受けた患者のために、合法的に大麻やそれに関連する器具および啓発資料を入手、所有、栽培、製造、配達、運搬、輸送、販売、提供、調剤する事ができる。メイン州の住民らは去年11月に州全体で行われた住民投票において、州の認定を受けたディスペンザリーの開設に賛成した。

コロラド州、ニュージャージー州、ニューメキシコ州、ロードアイランド州、そしてワシントンDCでも大麻の生産と流通を監督するための条例が可決されたが、現時点ではニューメキシコ州保健当局のみが、認定患者への合法的な大麻の処方および生産を行うディスペンザリーを承認している。

ロードアイランド州では現在、州の1,800名の登録患者を対象に大麻を処方、生産する事を目的として、州保健当局が15名の出願者の中から認定者を定めるための最終選考を行っている。

より詳しい情報についてはNORML事務局長アレン・セント・ピエール (202)483-5500 もしくは NORML 副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせ下さい。

マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ

Source: NORML NEWS
Maine, Other States, Approve Licenses For Medical Marijuana Distribution Centers
July 16, 2010 - Augusta, ME, USA

翻訳とコメント by PHO
ディスペンザリーの開設はいいのだが、そんなに数を絞ろうとするのはどうなのか。それも条例で上限数を定めてまで。州内の大麻規制派に遠慮したのか、それとも連邦政府に遠慮したのかも知れないが、そんな規制は誰の利益にもならないだろう。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター