読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

5名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
カリフォルニア:オークランド市議会が国内で初めて大麻生産施設の設立基準を承認
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-08-12

カリフォルニア:オークランド市議会が国内で初めて大麻生産施設の設立基準を承認
2010年7月29日 - アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド

カリフォルニア州オークランド:オークランド市議会は先週、民営による医療大麻の営利的な大規模生産を認可するような条例案を可決した。

この条例では、医療用途としての大麻を栽培、後処理、梱包するための四ヶ所の生産施設に対して市がライセンスを与える事になる。民間の保有する生産施設は、その規模については制限されないが、ライセンスの申込者には最低300万ドルの保険に加入していること、警備員を確保すること、そして市に毎年21万1千ドルの認可手数料を支払う事が求められる。

市議会議員らは今週の秋にも、より小規模な生産事業者に与えるべきライセンスと規制基準についての条例に対しても投票を行う予定である事を語った。

今年の11月には隣のバークレー市でも六ヶ所の地域で医療大麻生産施設を認可するための類似した条例案が審議される。

市議会で今週採決された別の条例案、医療大麻の栽培者およびディスペンザリーに課税するための条例案は否決された。代わりにその法案は今年11月に投票に掛けられる事になった。

より詳しい情報については、カリフォルニア NORML の担当者デイル・ギーリンガー (415) 563-5858 にお問い合わせ下さい。

マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ

Source: NORML NEWS
California: Oakland City Council Approves Regulations For First-In-The-Nation Industrial Marijuana Production Facilities
July 29, 2010 - Oakland, CA, USA

翻訳とコメント by PHO
毎年の認可手数料が1800万円! すごい手数料だ。しかしオランダでさえ未だに大麻の商業生産が(提案はされているが)合法になっていないこと、カリフォルニア州は財政破綻の危機にあること、生産規模の上限が無いこと、そして見込まれる需要を考えれば、あながち法外な料金とも言えまい。11月に小規模農家の扱いがどうなるのかに注目しよう。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター