読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

22名さま。クリックのご協力を! (2 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
大麻に含まれる物質が糖尿病性心筋症を緩和する
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2011-01-14

2010年12月16日 - アメリカ合衆国メリーランド州ベテスダ

メリーランド州ベテスダ: "American College of Cardiology (アメリカ心臓病学会)" の発行するジャーナルに掲載された前臨床試験データによると、大麻に含まれる非向精神性の物質であるカナビディオール (CBD) を投与する事で、糖尿病性心筋症(心筋の弱体化)を原因とする様々な症状を軽減できる事が判明した。


アメリカ、スイス、イスラエルの研究者からなる国際研究チームはマウスの I型糖尿病性心筋症モデルを用いて、心筋機能障害、炎症、酸化/ニトロ化ストレス、細胞死、シグナル伝達経路の相関(訳注: 原文には interrelated signaling pathways とあるが、翻訳者に医学的知識が無いためこれが何を指すのか不明)に対する CBD の効果を調べた。

研究者らは次のように報告した。「心筋機能障害、心筋繊維症、酸化/ニトロ化ストレス、炎症、細胞死、シグナル伝達経路の相関に対し、CBD はこれらを軽減した。人体における CBD の安全性および忍容性と相まって、この結果は糖尿病性合併症に対して CBD が極めて重要な治療薬となる可能性を示唆している。また酸化/ニトロ化ストレス、炎症、細胞死、繊維症を軽減する事からその他の心血管障害に対しても効果を持つ可能性がある。」

2006年にジャーナル "Autoimmunity (自己免疫)" に掲載された前臨床試験データには、CBD を投与したマウスは対照群と比べて糖尿病の罹患率が有意に低いことが示されている。また心虚血の疾患動物モデルにおいてもカナビディオールが保護作用を持つ事が報告されている。

研究結果の全文は "Cannabidiol Attenuates Cardiac Dysfunction,Oxidative Stress, Fibrosis, and Inflammatory and Cell Death Signaling Pathways in Diabetic Cardiomyopathy (糖尿病性心筋症による心機能障害、酸化ストレス、繊維症、炎症、細胞死シグナル伝達経路に対してカナビディオールの有する軽減作用)" の表題でアメリカ心臓病学会ジャーナルに掲載されています。

マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ

Source: NORML NEWS
Pot Compound Mitigates Diabetic Cardiomyopathy
December 16, 2010 - Bethesda, MD, USA

翻訳 by PHO
(PHO のコメントはありません)

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター