読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

10名さま。クリックのご協力を! (8 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
オランダー裁判所が旅行者のコーヒーショップ利用禁止の可能性に言及
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2011-01-24

2010年12月23日 オランダ ハーグ


オランダ ハーグ ー 欧州最高裁判所は先週、オランダの国会議員らには、同国非居住者による "オランダ流コーヒーショップ" の利用を禁止する法的権限があるとの裁定を下した。
1980年代初めからオランダ各都市で運営されているコーヒーショップでは、公けに少量の大麻が販売されている。

また、欧州裁判所は先週、いわゆる『ドラッグ・ツーリスト』と言われる人々による、マーストリヒト市内にあるコーヒーショップの利用を禁止する権限は、同市当局にあることを裁定した。マーストリヒト市は、オランダ南部に位置し、ベルギーとドイツの国境に近い。

sオランダ政府当局は、この数ヶ月間、コーヒーショップを、同国の合法居住者限定の会員制に義務化する規則を課すと脅迫してきた。

外国人によるオランダ流コーヒーショップの利用を禁止することで、『ドラッグ・ツーリズムを実質的に制限し、それに因る問題を結果的に減少させることができる法案の制定に繋がる』というのが欧州裁判所の判断だ。

同裁判所では、欧州のほとんどの国々でマリファナが違法であるため、オランダ政府当局は当該禁止令を合法的に強行できるという結論に至った。

マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ

Source: NORML Blog
Netherlands: Court Says Tourists Can Be Barred From Dutch 'Coffee Shops'
December 23, 2010 - The Hague, Netherlands

翻訳とコメント by bongyo
オランダに逆風・・・。そもそも、この記事に触れられているオランダのドラッグ・ツーリズム(ツーリストの大量入国とそれに派生する)問題を引き起こしているのは、比較的厳しい、周辺国(または諸外国)の大麻規制であって、この国の薬物政策自体ではないはずです。事実オランダでの薬物に関わる問題は、諸外国に比べて、統計的にも少ないのです。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

1件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿
Re: オランダー裁判所が旅行者のコーヒーショップ利用禁止の可能性に言及0161300.002011-7-1 18:51
匿名 Re: オランダー裁判所が旅行者のコーヒーショップ利用禁止の可能性に言及

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター