読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

5名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
続報!マレーシア 日本女性に死刑判決 
ニュース速報 : 投稿者 : 麻生しげる 投稿日時: 2011-10-27

マレーシアの首都クアラルンプール郊外にある高等裁判所は25日、覚醒剤を持ち込んだとして危険薬物不正取引の罪に問われた元看護師の被告(37)に死刑の判決を言い渡した。

 マレーシアで日本人が死刑判決を受けるのは初めて。共同通信の取材に、被告は「死刑判決が出たら必ず上訴する」と話しており、弁護士も上訴の方針を明らかにした。同国は3審制で、この日の判決は1審段階。

 同国では一定量以上の薬物所持で有罪が確定した場合の法定刑は死刑。覚醒剤の一種アンフェタミンでは50グラム以上が対象となる。

 判決理由で裁判官は、被告が事件当時、ビジネスクラスを利用してマレーシアに複数回にわたって入国したことなどを挙げ「事情を知らずに荷物を運んだだけ」とする被告の証言は信用できないと指摘した。

 通訳を通じて判決を聞いた被告がこらえ切れずに、椅子に座り込んで泣きだす場面も。判決後は報道各社のカメラに囲まれながら言葉少なに法廷を後にした。

 判決によると、被告は09年10月30日、アラブ首長国連邦ドバイからクアラルンプール国際空港に到着した際、スーツケースに覚醒剤約3.5キロを隠し持っていた。当初、同被告の薬物所持量は4.6キロとされたが、鑑定後に修正された。

 被告は知人の依頼でドバイを訪れた際、中東系の男性にスーツケースをマレーシアに運ぶよう指示されたと説明。中身は知らなかったとして無罪を主張していた。

 検察側は被告がクアラルンプール-ドバイ間を複数回往復し、大量の覚醒剤を持ち込んだことから国際的薬物取引に関与していた疑いがあるとして追及していた。

詳しい所は:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111025k0000e040032000c.html

3.5キロとは大量の覚せい剤だが、彼女が荷物を覚せい剤と認識していたかどうかが争点となっている。逮捕時に警察が覚せい剤の所持量を間違えるくらいだから、冤罪の可能性もないことはない。いわゆるラブ・コネクションという手口の密輸かもしれないので、2審、3審に注目されたい。死刑という野蛮な制度が世界各国から一刻も早くなくなることを祈るばかりである。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター