読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

4名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
マリフアナ吸引「肺には害なし」 米研究
ニュース速報 : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2012-02-10

【1月13日 AFP】時折マリフアナ(大麻)を吸っても、喫煙のような長期的な肺へのダメージはなく、むしろやや改善する場合もあることが20年にわたる研究で示されたと、米研究チームが10日、米国医師会(American Medical Association)の医学誌「ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション(JAMA)」に発表した。

 米国内ではマリフアナ吸引者が増加しているが、研究者らは5000人以上を対象に行ったこの長期研究によって吸引リスクをめぐる混乱が解消されれば良いと述べている。

 とはいえ、多用した場合のリスク評価は難しく、常用には注意が必要だとも指摘。研究に参加したステファン・カーテス(Stefan Kertesz)氏は「マリフアナは依然、違法薬物で人体機能に複雑な影響を及ぼす」と警告した。

 アラバマ大学(University of Alabama)医学部予防医学科と米バーミングハム(Birmingham)の退役軍人医療センター(Veterans Affairs Medical Center)の研究者らは、1985~2006年に米4都市に住んでいた18~30歳を対象にマリフアナ吸引について調査した。データは米国立心肺血液研究所(National Heart, Lung and Blood Institute、NHLBI)の出資で運営される研究機関CARDIA(Coronary Artery Risk Development in Young Adults)のものを使用。吸引量は、1日1巻き(ジョイント)ないしパイプ1本を1年間吸った量(365ジョイント)を「1ジョイント年」とする単位を使用した。

 研究の結果、平均で1日あたり1ジョイントを7年間(1週間に1ジョイントの場合は49年間)吸引し続けた人の肺に、悪影響は見られなかったという。

 肺機能に関しては、吐く息の強さと量を検査して分析した。喫煙者の一生涯における喫煙時間はマリフアナ吸引者よりもずっと長かったが、データを調整して比較した結果、喫煙者の肺機能の方が喫煙時間の増加に伴って悪化したのに対し、マリフアナ吸引者の肺機能はやや改善したという。もっともカーテス氏は、めざましい機能改善は認められず、ほとんどの人は気付かないだろうとも述べている。

 米政府統計によると、マリフアナは米国で最も多用される違法薬物。09年の調査では、12歳以上の米国民のうち約1670万人が調査前の1か月間に少なくとも1回はマリフアナを吸引したと回答している。(c)AFP

AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2850155/8281369#blogbtn

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター