読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
合成THCが過敏性腸症候群の結腸運動を減少
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2012-02-19

2011年8月18日
ミネソタ州ロチェスター 消化器病学会のジャーナル誌上で公表予定の臨床試験データによると、過敏性腸症候群(IBS)の患者に合成THC(別名ドロナビノール)を投与すると、プラシーボに比べ、結腸運動が減少するという。


ミネソタ州ロチェスターでは、腸内神経に関する基礎研究から臨床応用および疫学的な臨床研究(CENTER)の研究員が、75名のIBS患者に対するランダムな試験で、プラシーボと対比した経口摂取のTHCの効果について評価した。

研究者らの報告によると、今回の試験の参加者全員について、活性THCが、プラシーボに比べ、絶食中における結腸運動を減少させたとしている。投与したドロナビノールの効果は、下痢のIBS患者や下痢と便秘を繰り返す患者に顕著に見られた。

研究者らは、ドロナビノールが、結腸運動が早い[IBS]患者に有効である可能性があると結論づけた。
米国食品医薬品局は現在、ドロナビノールをスケジュール3の指定薬物に分類し、深刻な吐き気や悪液質(消耗症候群)の治療薬として承認している。

過敏性腸症候群(IBS)は、便通の変化以外にも腹痛や筋けいれんなどを伴う障害で、クローン病や潰瘍性大腸炎といった炎症性腸疾患(IBD)とは異なる病態だ。

今月初め、消化器病・肝臓病学のヨーロッパ版ジャーナル誌上にオンラインで公表された調査結果によると、IBD患者は一般的にカナビス療法を受けているという。

詳しい情報は、NORML副理事長ポール・アルメンターノ(メール paul@norml.org)にお問い合わせください。

マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ

Source: NORML News
Synthetic THC Reduces Motility In Patients With Irritable Bowel Syndrome
Thursday, 18 August 2011

翻訳とコメント:bongyo
~コメント 身の周りにもIBSを患う人が少なくなく、ほとんどがストレスが原因だと考えられています。自律神経がバランスを崩してしまうということで、カナビスの弛緩作用に加えて、客観視を促すことが有効なのでしょう。すべてのストレス性疾患にはカナビスでしょう!

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター