読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報
SNSで麻薬販売、合法装い若者狙う 国連が注意呼びかけ
海外情報 : 投稿者 : 麻生しげる 投稿日時: 2012-03-02

【新華社=葛晨】国連麻薬委員会は28日発表した2011年度報告で、インターネットの交流サイト、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)経由で、合法を装い若者に禁止薬物を販売する違法組織の存在を指摘し、注意を呼びかけた。世界保健機関(WHO)によると、違法組織は主に郵送で薬物を発送しており、うち半分以上が偽物とみられている。

同委員会によると、2010年に世界で押収された薬物小包は1万2000件余り。鎮痛剤のコデインやメタドンなどの合法薬物6500件余り、違法薬物5500件などが含まれている。押収薬物の58%はインド発だった。

関係者の1人は「SNSに流れる違法薬物情報が、若者を危険にさらす可能性がある」と指摘した。

報告によると、アジアのアヘン収穫量は増加の動きを見せている。購入価格の上昇と国際治安支援部隊(ISAF)のアフガニスタン撤退に伴い、同国でケシ栽培面積が拡大する恐れがあるという。

麻薬統制委員会によると、世界の大麻栽培面積は拡大しており、工業化も進んでいる。北米が世界最大の麻薬市場で、欧州は世界最大のアヘン消費地域であり、世界2位のコカイン市場だ。同報告は、SNSでの麻薬販売抑制をアピール。同時にアジア地域の麻薬生産が増加する可能性があると指摘している。

(翻訳 尚蕾/編集翻訳 阿部陽子)

詳しい所は:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000006-xinhua-int

うーん。やはり世界的な規模で麻薬行政全体の見直しが必要だな。麻薬の類は決して無くなりはしないのだから。今こそ罰するよりも治療を優先させよう。それにしても、大麻は麻薬ではないだろう。無知にもほどがある。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター