読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

3名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報
アメリカ先住民教会が押収された大麻の返還を求めて米国第九巡回裁判所に提訴
海外情報 : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2012-03-06

アメリカ先住民教会が押収された大麻の返還を求めて米国第九巡回裁判所に提訴
By プルナ・ネマニ


ホノルル (CN) - 米国第九巡回裁判所は、薬物規制当局によって数年前に押収・廃棄された大麻の返還を求めているアメリカ先住民教会 (訳注:http://bit.ly/cIqjwr) に対し、その求めに応じて意見聴取を行った。

マイケル・レックス "激怒する熊" ムーニー、並びに Oklevueha アメリカ先住民教会ハワイ支部は、2009 年にタッパーウェアに入った状態で FedEx で輸送された 5 ポンド (およそ 2.27 キロ) の大麻を米国麻薬取締局によって押収された事件を受けて、これに対し差し止め命令による救済を求める訴えを起こしていた。

ムーニーの述べた所によれば、彼はその大麻を「満月祭」や「発汗の儀式 (訳注: http://bit.ly/pPYzYN)」などの宗教的儀式に用いるつもりであり、それに対して為された妨害行為は彼の宗教的自由を抑圧するものであった。

米国麻薬取締局は押収した大麻をホノルル警察に引き渡しており、警察はそれを「規定通りに」廃棄したと述べた。

起訴にかかる差し迫った危険が存在しない事や、警察が既に事件処理を打ち切っている事を理由に、連邦裁判所は 2010 年 4 月、差し止め命令による救済措置の請求を棄却している。その三ヶ月後にも裁判所は押収された大麻に関する新たな申し立てを却下した。

ムーニーおよび教会は物品の返還を求めると共に、その「窃盗と横領」に対する損害賠償を請求していた。

しかしながら米国地方裁判所裁判官であるスーザン・オキ・モールウェイは、1993 年度宗教的自由回復法の下では「裁判所は政府に対して、既に保有していない物品の返却を命令する事はできない」と述べていた。

彼女はまた「この法律は国家主権免除特権を放棄するものではないのであるから、損害賠償の請求に関する訴訟を認める事もできない」と付け加えている。(訳注: つまり国家主権免除特権を有する先住民への金銭的な保障・賠償は連邦法により認められていない)

月曜に行われた控訴意見聴取において、メアリー・ムルギア判事はムーニーが最初の押収が為されてから大麻を使用していたかどうか、そして彼の宗教を実践する事が可能であったかどうかを尋ねた。

ムーニーの弁護士であるマイケル・グレンは、彼はその一度を除いては押収は無かったと答えた。「ムーニー氏はそれ、大麻を毎日吸っています。だからそうですね、そのように考えていただいて結構です」と彼は述べた。

ステファン・トロット判事は何故ムーニーが宗教的理由による免除を請願しなかったのかと尋ねた。他の大勢の者がそういった請願を行って認められているからだ。

グレンは次のように答えた。「私の依頼人は、それは無意味であると考えています。保護命令が出されていない状況下では特にそうです。宗教的自由回復法は逮捕を求めてはいません。」

するとムルギア判事は、「その法律は国家主権免除の権利放棄を含んでいるのですか」と尋ねた。

「そうではありません」とグレン弁護士は答えた。「地方裁判所は要点を理解していませんでした。問題の大麻の押収は統制薬物法に基いて行われたのです。」

ムーニーは宗教活動のために大麻が必要である事を地方裁判所に告げていなかったが、グレン弁護士は自身とその依頼人はその詳細を記した長いリストを提出する用意がある旨を述べた。

トロット判事は、ムーニーはそのようなリストを作成する事で自身が不利になったり偽証の疑いを受けたりする危険性があると判断したのだと述べた。

「あなたはそういった情報を提示することを諦める前に、ミランダ権利 (訳注:米国において被疑者の持つ権利。黙秘権や弁護士の依頼など) を読むべきです」
と彼は告げた。

司法省弁護士であるジェームズ・ラーが演説を始めると、この意見聴取は少し滑稽なものになった。ラーは大麻の押収を正当化するべく次のように述べたのである。「資源が限られている以上、政府はムーニーを起訴する事に関心を持っていなかったのであり、また今でも持ってはいません。FedEx が荷物を警察に提出するまで法執行機関はムーニーと彼の教会の事を知りもしなかったのです。」

トロット判事はそれを遮って質問した。「あなたの行った事が法執行でないと何故言えるのですか? それはあなたのした事ですよ! あなたは人の所有物を取り上げて、法による手続きを行う事なく、それを廃棄したのです!」

ラーは答えた。「我々はその教会が流通活動を行っていないとは知らないのです。」

ムルギア判事は尋ねた。「ムーニーと教会が返却を求める大麻の量をあなたに伝えれば、それで十分ですか?」

ラーは答えた。「はい。」

ムルギア判事は尋ねた。「では彼らが今後処罰を受ける可能性はどの程度ありますか? それというのも確かに押収は一度しか行われませんでしたが、それでも一度は行われたのであるからです。」

ラーは躊躇いがちに、そういった事態が起こる見込みは無いだろうと答えた。

「彼らは行政上の要請を行う事ができます」と彼は言った。「宗教的自由回復法の下では個別的な評価が為されます。その法律には宗教的な理由に基いたドラッグの使用についての規定が存在しないにしてもです。」

ラーが「彼はこれ以上の罪を重ねる前に、弁護士依頼人としての利益のため、政府と相談する必要があるでしょう」と述べると、トロット判事は笑い出した。

トロット判事は尋ねた。「押収した大麻の量を正確に知ってさえいたら、それだけであなたは同じ量の大麻を返却していたのですか? 輸送料の計算のためにFedEx が荷物の重さを量らなかったとは、私にはどうにも信じられませんね。」

ラーはそれでは十分ではないと答えた。「我々は荷物が引き渡されるまでその教会の存在を知らなかったのです。積極的な法執行は行われていません。証拠物件は廃棄されました。ただそれだけの事です。積極的な捜査を行ったのではありません。」

グレン弁護士の反論摘要書によれば、彼はいかなる要求にも決して譲歩するつもりはないとの事だった。

ムルギア判事は、彼に少なくとも国家主権免責特権に関して譲歩するつもりがあるのかどうかを答えるように促した。

「断じてそのつもりはありません!」とグレン弁護士は強調した。「もし所有権というものが存在するのであるならば、この問題はその条文の削除に関わるものであるというのが我々の立場です。我々は彼らが起訴され得ないことについての裁判所命令を要求しているのです。我々は大麻の返却を求めています。そうした命令が為されるならば、そして可能なら損害賠償も得られるならば有難い。」

マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ

Source: Courthouse News Service
Church Takes Cannabis Claims to the 9th Circuit
By PURNA NEMANI

Thursday, 04 August 2011

翻訳とコメント:PHO
連邦政府はネイティブアメリカンの主権を認めていながら (参考:http://bit.ly/xCEoi9)、警察が彼らの所有物を押収、そして法手続きも無しにそれを廃棄…? どうにも良く判らない事件でコメントできない。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

1件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿
Re: アメリカ先住民教会が押収された大麻の返還を求めて米国第九巡回裁判所に提訴1237500.002012-3-6 7:49
麻生しげる Re: アメリカ先住民教会が押収された大麻の返還を求めて米国第九巡回裁判所に提訴
2012-3-7 4:15
匿名 Re: アメリカ先住民教会が押収された大麻の返還を求めて米国第九巡回裁判所に提訴

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター