読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報
北米でマリファナデー、各地でデモや大麻パーティー
海外情報 : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2012-04-22

【4月21日 AFP】米国とカナダ各地で20日、マリファナの合法化を訴える恒例の「マリファナデー」のデモやパーティーが行われた。



カナダ西部のバンクーバー(Vancouver)の金融街では、1日がかりのデモのために主要な道路が
封鎖された。また米カリフォルニア(California)州でも、参加者が吸ったマリファナの煙が都市部に漂った。

参加者が最も多いとされるバンクーバーのメディアやデモの主催者によると、この日は1万~1万5000人が参加。多くは若者たちで、日なたでくつろぎながらバンドの演奏を聞いたり、マリファナを吸ったり、通りに出た屋台で買ったスナックをほおばりながら1日を過ごした。

マリファナデーの日付は、マリファナの通称「420(フォー・トゥエンティ)」にちなんでいる。午後4時20分が近づくと、緑色のチュチュを着た女性が 無料のマリファナたばこ(ジョイント)を配り始め、参加者たちはカナダ国歌「オー・カナダ」の最初の一節をもじり、「オー・カナビス(大麻)」と歌い上げ た。

参加者の間にぽつぽつと数人ずつ配された警官はAFPの取材に対し、数人がマリファナを吸った後に気分が悪くなり救急車で病院へ運ばれた以外は大きな出来事はないと語った。

ある警官は、コカインやメタンフェタミンといったハードドラッグの取引のほうが、取り締まり対象としての優先順位が高いと述べ、「420に関しては、平和的にやっている限りはそれほど関知しない」と語った。

バンクーバーのマリファナ合法化運動の運動家たちは、マリファナ使用には規制は必要で、未成年は吸うべきではないと述べている。

ビクトリア大学(University of Victoria)ブリティッシュ・コロンビア嗜癖研究センター(Centre for Addictions Research of British Columbia)でドラッグを専門とするティム・ストックウェル(Tim Stockwell)氏は、マリファナの合法化を支持する研究例は多くあり、健康的効果や社会的な観点からも、少なくとも非犯罪化すべきだと語っている。

同氏によれば、オーストラリア、米国、欧州でマリファナに関する規制を緩めたところでも、「世界が終わるような事態にはなっていない」と言う。「全く無 害な物質だとは言えないが、危険性の度合いで言えばコカインやヘロインばかりでなく、アルコールやタバコに比べても低い」(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2873052/8823264?ctm_campaign=txt_topics

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

1件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿
Re: 北米でマリファナデー、各地でデモや大麻パーティー0167500.002012-4-23 12:15
ユイ Re: 北米でマリファナデー、各地でデモや大麻パーティー

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター