読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

5名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
処方薬エファビレンツを服用するとTHCの検査で偽陽性の結果が出るとの研究結果
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2012-06-08

2011年12月1日(木)
南アフリカ プレトリア ― ジャーナル『臨床生化学論集』にオンラインで公表された臨床データによると、抗レトロウィルス処方薬エファビレンツは、尿中の代謝物、カルボキシTHCを検出するイムノアッセイ(免疫検定)試験で交差反応を起こすという。



南アフリカにあるプレトリア大学の研究者らは、THC代謝物を検出するため、エファビレンツ治療をおこなっている30名の患者から集めたランダムな尿サンプルを分析した。分析には、互いに似た試験器具(THC One Step Marijuana および Rapid ResponseR Drugs of Abuse Test Strips)2種と、自動化されたイムノアッセイ装置(Roche Diagnostics Cannabinoids IIおよびBeckman Coulter SYNCHRONR Systems THC2)2機が使用された。なおTHCの確認検査は、ガスクロマトグラフ質量分析(GC-MS)でおこなわれた。

報告では、「GC-MSでは、どのサンプルからもTHCの代謝物を検出できませんでした。上記4つの免疫検定法のうちの3つについても同様に不検出でしたが、Rapid ResponseR の試験紙では、30のサンプルのうち、28個で、陽性の結果が得られました」としている。

以前おこなわれた別の研究では、尿中のカルボキシTHCを検出するため、イムノアッセイによるさまざまな推定試験をおこなったところ、エファビレンツの投与で、いわゆる『偽陽性』の結果が出る場合があることが確認されている。

詳しい情報は、NORML副理事長ポール・アルメンターノ(メールpaul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "Efavirenz interference in urine screening immunoassays for tetrahydrocannabinol" は、『臨床生化学論集』に掲載されています。

Source: NORML News
Prescription Drug Efavirenz Yields False Positive Test Results For THC, Study Says
Thursday, 01 December 2011

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター