読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (7 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
大麻と前立腺がんの臨床試験を保証すべきとのレビュー
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2012-06-12

2012年5月17日(木)
ベネズエラ バルブラ ― 『インド泌尿器学ジャーナル』で公表された文献レビューによると、天然のカンナビノイドには鎮痛と抗がんの効果があり、前立腺がんを罹患している患者に使用し、評価されてしかるべきだという。



ベネズエラ人とアメリカ人2人の研究者からなる研究チームは、前立腺がんの治療で使用することができる大麻について評価した。結論は次のようなものだ。「前立腺がんの細胞では、カンナビノイド1と2の受容体が多く発現していて、受容体が刺激を受けると、細胞自体の生存能力が低くなり、アポトーシスが増え、アンドロゲン(男性ホルモン)の発現や前立腺がん特有の抗原排出が減ります。・・・薬用大麻またはカンナビノイド作用薬(アゴニスト)などについて臨床試験をおこない、特に骨転移前立腺がんの患者に処方するPSAなどの臨床的指標と対照群を比較することができれば興味深いことです。それが実現すれば、骨転移前立腺がん患者は、カンナビノイドの男性ホルモン活性効果だけではなく、骨の痛みの鎮痛といった恩恵を受け、生活の質を向上させ、薬物の消費量を減らし、オピオイド依存しないようになるでしょう」

前立腺がんは、アメリカ人男性にとって最も一般的で、がん関連の死亡の2番目の原因になっている。

カンナビノイドと内在性カンナビノイドは、前臨床モデルにおいて、強い抗がん作用を持った抑制成分で、他の細胞株の中でもグリオーマ(神経膠腫)細胞や乳がん、肺がん、リンパ腫などの拡散を止めることがわかっている。

詳しい情報は、NORML副理事長ポール・アルメンターノ(メールpaul@norml.org)にお問い合わせください。
この研究の全文 "The role of cannabinoids in prostate cancer: Basic science perspective and potential clinical applications" は、以下のウェブサイトに掲載されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3339795/?tool=pubmed

Source: NORML News
Review: Clinical Trials For Cannabis And Prostate Cancer Warranted
Thursday, 17 May 2012

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

1件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿
Re: 大麻と前立腺がんの臨床試験を保証すべきとのレビュー0160500.002012-6-12 12:12
ユイ Re: 大麻と前立腺がんの臨床試験を保証すべきとのレビュー

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター