読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
ワシントンDC:地方議会で医療大麻法が前進
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2012-08-19

2012年4月5日(木)

Washington, DC: ワシントンDCの厚労局は金曜日、できたばかりの医療大麻法を背景に六つの会社を医療大麻供給機関として認めた。



その六つの会社は、栽培と販売の許可証と建物許可証をDCRA(訳注:日本で言う保健所)から得なければならない。その申請過程は2週間もかからないと予想されている。

許可がおりた6つの会社は、栽培センターをDCの北東四分の1区に構える。(5社が5区に、1社は7区にて栽培)また、後から申請してくる会社が、許可を得ても同じ場所では栽培できない。ワシントンタイム新聞の報告によると、5区にて認定された会社は、タレントのモンテル・ウィリアムが関連しており、クリーンズチャペルロード2146番地にあるアバチン・ウェルネスセンター、フェンウィック通り1840番地にあるホリスティック療法所、モンタナ・アポスキャリが2170-24番地で代替療法ビジネスをしており、ディストリクト・グローワーズがエバーツストリート2417番地に、そしてベンチャー・フォースがチャンニング通り2210番地で中央取引所の役割を担っている。フィト・マネージマントLLCはアナコスティナ川を隔てたベンニング通り3701番地北東にて認定された。しかし移転される予定である。

地方議会メンバーは2010年5月医療用大麻法案を見直し医療大麻の為の設備の導入を正式に許可した。その医療大麻法案は1998年に市民投票で69%の支持を得たが施行されなかったものである。

認定された全ての申請会社は、万が一、連邦政府が大麻設備の取締りを決定した時の刑事責任からその地域(ワシントン)を免れさせる権利放棄書にサインした。ここ数か月、厚労省の役人、税務局そして麻薬取締局が、州と地域にて認可されたものも含む医療大麻ディスペンサリに目をつけている。

詳しい情報は、NORML理事長アレン・セント・ピエール(電話(202) 483-5500)、またはNORML副理事長ポール・アルメンターノ(メールpaul@norml.org)にお問い合わせください。

Source: NORML NEWS
Washington, DC: District Regulators Move Forward With Plans To Dispense Medical Marijuana
Thursday, 05 April 2012

翻訳:みつ

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター