読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
DEA(麻薬取締局):大麻草の押収量が全米で35%減少
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2012-10-20

2012年8月2日(木)
ワシントンDC - 刑事司法統計原典(Sourcebook of Criminal Justice Statistics)で公表された連邦麻薬取締局(DEA)提供の統計によると、栽培されていた大麻草の全押収量は、2010年と2011年の2年間で、35%減少したという。



2011年度のデータでは、DEAの全国大麻撲滅・弾圧プログラム(Domestic Cannabis Eradication/Suppression Program)の下、670万株もの大麻草が押収されたことがわかる。この数字は、2006年以降の年次データで最も低く、DEAの報告では1,030万株もの大麻草が押収された2010年から35%の減少だ。

年ごとに減少したのは、カリフォルニア州で押収された大麻の総数が減少したことによるところが大きい。DEAは2010年、カリフォルニア州で押収された大麻草は740万株に及んだが、2011年には400万株を少し下回ったと報告している。

2011年に米国内で押収されたすべての大麻草の約60%は、カリフォルニア産だった。DEAの報告ではさらに、同州での撲滅キャンペーンにより、1,100万ドル相当以上の量を押収したとしている。また国内全体では、大麻撲滅・弾圧プログラムに係る4,200万ドル相当の大麻草を押収したしている。

連邦会計検査院(GAO)による2012年6月の報告によると、オバマ政権下における司法省の資産没収活動用の資金は、2003年の5億ドルから、2011年には18億ドルに増加し、過去最高となった。また、そのうち7,900万ドルがカリフォルニアの検察当局に支払われており、その額は全州で最高で、連邦当局の強制捜索や強制押収などの応援費用だった。

司法省はこの数ヶ月間、カリフォルニア州で最も規模が大きく有名なハーバー・サイド・ヘルス・センターなど、多くの医療大麻ディスペンサリーの物件を資産没収のターゲットにしている。

詳しい情報は、NORML理事長アレン・セント・ピエール(電話(202) 483-5500)、またはNORML副理事長ポール・アルメンターノ(メールpaul@norml.org)にお問い合わせください。

Source: NORML News
DEA: Marijuana Plant Seizures Down 35 Percent Nationwide
Thursday, 02 August 2012

翻訳とコメント:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター