読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News > 米国各州の医療大麻制度
メリーランド州の医療大麻
米国各州の医療大麻制度 : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2013-01-09

メリーランド州の医療大麻
概要: メリーランド州議会は2003年に医療大麻弁護法案を通過させました。本法案は、裁判所にて大麻の使用が「医療目的」と認められた場合に限り、罰則の軽減を実施するというものです。もし「患者」が大麻で逮捕され、審理において「医療的必然性」を主張し、それが認められた場合は、罰則を$100以下の罰金刑とするものです。



医療大麻法案:Maryland Darrell Putman Compassionate Use Act, Md. Code Ann., Crim. Law §5-601(c)(3)(II) (2003)

修正案: 有り。2011年の5月10日に上院法案308号が通過し、これにより、1オンス(28.5グラム)以下の大麻所持に関しては、裁判で「医療的必然性」が認められれば、罰金や罰則の免除があります。また「患者」が栽培に及んだり、大麻の所持量が多い場合にも、審理で「医療的必然性」が認められることがあり、その場合は罰則が軽減されます。

Source:NORML Legal Issues
Maryland Medical Marijuana

翻訳:麻生しげる

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター