読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
ミズーリ州:州の大麻規制による支出節減と歳入で毎年1億4,900万ドルが生み出される
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2013-02-03

2012年10月11日(木)
マサチューセッツ州ボストン: 水曜日に公表された経済分析によると、ミズーリ州において成人を対象にした大麻の栽培と販売の合法化・規制化がおこなわれると、州全体の支出の節減と歳入を合わせて、毎年1億4,900万ドル生み出されるという。『ミズーリ州における大麻合法化の予算への影響』という標題のこの白書は、ハーバード大学の経済学者 ジェフリー・マイロン教授が共著者の1人であり、全米大麻連合(National Cannabis Coalition)が作成を依頼したものだ。



報告では、ミズーリ州における大麻合法化により、毎年、政府支出で約9,000万ドルが節減され、5,900万ドルもの新しい税収が生まれると見積もられている。報告での計算は、大麻について、アルコール税やタバコ税に匹敵する税率で課税し、他の全州や連邦政府も類似の規制策をおこなった場合の仮定に基づいている。

マイロン教授は、プレス・リリースの中で次のように述べた。「大麻合法化から得られるミズーリ州と地方政府の節減は次の3つから構成されます。警察が大麻関連の逮捕を無くすことによる歳出の削減、告訴や裁判に要する人材コストの削減、そして、仮釈放、保護観察、拘置所や刑務所に係るコストの削減です。・・・大麻の合法化により、今のところ非課税の、大麻の生産と販売における商取引への課税が可能になります」。

マイロン教授は以前から、全米で大麻の規制化をおこなえば、コスト節約と税収で約 174億ドルが生み出されると見積もっている。

この報告書の全文は、以下、National Cannabis Coalition のウェブサイトから入手できます。
http://nationalcannabiscoalition.com/2012/10/legalizing-marijuana-missouri-budgetary-implications-blog/.

Source: NORML News
Missouri: Regulating Cannabis In State Would Produce $149 Million Annually In Savings And Revenue
Thursday, 11 October 2012


翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター