読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
新規の合法化法に先立ち、検察が大麻事犯の告発を棄却する
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2013-03-12

2012年11月15日(木)
ワシントン州シアトル: ワシントン州の郡検事らは今週、罪状の軽い数百の大麻所持事犯を不起訴にした。この決定が下されたのは、州の有権者らが住民発議502号(Initiative 502)の承認を決めた数日後だった。I-502は、成人による1オンス(約28g)までの個人的な使用目的の大麻の所持(および、大麻を煎じた固形製品16オンスと液体製品72オンスの所持)に対する刑事罰を排除するもので、2012年12月6日に施行される。



マスコミの報道によると、キング郡およびピアース郡、スポーケン郡、クラーク郡の検事らは、罪状の軽い数百の起訴保留中の大麻所持事犯を不起訴にすることを決めた。

キング郡検事ダン・サッターバーグは、シアトル・タイムズ紙に次のように述べた。「I-502の施行は12月6日になってからですが、来月合法になる行為に対して引き続き刑事罰を求めていくことに意味はありません。・・・州民には、政策の転換に票を投じた時、その新政策の発効日にこだわりはありませんでした。ただ、少量の大麻の所持を刑事罰として扱うべきではないということは、はっきりと主張していました」。

同じく大統領選の日に合法化法案、修正案64号を通過させたコロラド州では、郡の検察官数名が大麻所持に特化した保留中の刑事事件を同じように免訴している。修正案64号は、来月にも施行されると見込まれている。

詳しい情報は、NORML理事長アレン・セント・ピエール(電話(202) 483-5500)、またはNORML副理事長ポール・アルメンターノ(メール paul@norml.org)にお問い合わせください。

Source: NORML News
Prosecutors Dismissing Cannabis Charges Ahead Of New Legalization Laws
Thursday, 15 November 2012


翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター