読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
連邦議会議員らが大麻合法化・販売規制化法案を提出
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2013-05-05

2013年2月8日(金)

ワシントンDC: 連邦議会の議員らは今週、大麻の使用を合法化した州による規制下での大麻の栽培と成人への販売を許可する歴史的な法案を提出した。

ジェアード・ポリス議員(民主・コロラド州)が発起人になった2013年大麻禁止終結法(Ending Marijuana Prohibition Act of 2013)は、連邦麻薬取締局の規制から大麻を除外し、財務省に対し、州の認可を受けた大麻栽培者と販売者に免許を付与する権限を与えるものだ。



ポリス議員は次のように述べた。「この法律は、州に大麻合法化を強制するものではありません。しかし、医療用または嗜好用大麻の許可を選択したコロラドとその他18の州は、州で合法の産業が連邦当局によって強制捜索されることはないと、確信してしかるべきです。議会はただ、州が、それぞれに適応した大麻規制を可能にし、これ以上薬物政策という失敗政策に連邦の税金を浪費しないようにしなければなりません」。

アール・ブルームノイアー議員(民主・オレゴン州)が提出した大麻税平準化法(Marijuana Tax Equity Act)は、酒・たばこ類の商業生産と販売に課されている税金と同じように、大麻の流通販売にも最初の段階から消費税を課すものだ。

ブルームノイアー議員は次のように述べた。「われわれは今、大麻政策の情勢における劇的な変化の中にいます。一般的な意識、州法、定着した慣行すべてが 、政府のあらゆる地位の役人にとって解決できない困難を生じています。われわれは、薬物の税制、分類、合法性などに関して連邦の政策がどうあるべきかという申し入れをしながら、連邦政府が、大麻に興味を持つ周囲と、責任を持って連携してもらうことを願っています」。

NORML首席報道官エリック・アルティエリは、法案の提出について賞賛し、次のように述べた。「昨年11月、コロラドとワシントン両州民が投票で自州の大麻禁制を終結させたのは、連邦が正常な大麻法へ向かう上で、重大な分岐点になりました。・・・しかし、州と連邦法の根強い対立は続いたままです。今回の歴史的な措置は、その対立を解決し、州が連邦の介入を恐れることなく独自の大麻政策を決定する権限を得られるようにするものです。NORMLは、この勇気ある前進の一歩を踏み出し、同僚議員らに大麻法改革への参加を働きかけてくださった連邦議員に深く感謝いたします」。

ブルームノイアー、ポリス両議員はまた、今週火曜日、連邦の大麻法改革の必要性を概説する報告書を発表した。この、「前向きな方向性ー連邦大麻政策再考」と題された報告書では、次のように述べている。「今こそ、連邦議会は、州政府と有権者らが大麻の取り扱いに関して決断できるようにすべきです。現行のシステムは、崩壊状態です。資源を浪費し、個人の生活を台無しにし、結果的に、家族やコミュニティ全体に損害を与えています。大麻に対策を講じるのは時代遅れです。この浪費の惨劇を止めましょう」。

報告書は、次のように結論されている。「連邦政府は、各州がイノベーション研究所となっている今の間にこそ、州や事業、州民個人が、明解で一貫した法律がある環境で行動できるようにすべきです。そのためには、連邦議会は、次のような選択肢をそれぞれ実現するよう努力すべきだと考えます。
・大麻を税制化、規制化すること
・州による医療大麻法の施行に介入せず、許可すること
・・(中略)・・
・産業用大麻の禁制を排除すること
・正常な事業環境での大麻産業の運営を可能にすること」。

全米の有権者を対象にした、Public Policy Pollingによる2012年12月の電話調査によると、58%の国民が、大麻は「合法化すべき」と考えている。結果反対は34%にとどまった。また、プリンストン調査研究国際協会(Princeton Survey Research Associates International)による、先週公表された世論調査では、53%の米国民が「政府は大麻をアルコールと同様に取り扱うべき」とし、実に70%以上が、連邦政府は、大麻を合法化している州の実務に干渉すべきでないと答えている。

詳しい情報は、NORML理事長アレン・セント・ピエールまたは、NORML首席報道官エリック・アルティエリ(電話(202) 483-5500)にお問い合わせください。上記法案の追加情報は、以下、NORMLの『Take Action Center』のサイトで閲覧できます。
http://norml.org/about/take-action-for-marijuana-law-reform

Source: NORML News
Members Of Congress Introduce Measures To Legalize Marijuana, Regulate Sales
Friday, 08 February 2013

翻訳とコメント:bongyo
たのもしい?
さあ日本も続きましょうぞ。
(他のことではたいてい、アメリカ追随を批判してきたわたくしめですが。。。)

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター