読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

4名さま。クリックのご協力を! (2 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究報告:慢性的な大麻使用者の血中には微量のTHCが長く残留する
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2013-05-26

2013年3月14日(木)

メリーランド州ボルティモア: 米国臨床化学協会(American Association of Clinical Chemistry)誌で公表された臨床試験データによると、慢性的な大麻使用者は、大麻の使用を止めた後数週間、血中THCの残留検査で陽性の結果が出るという。



試験には、長い間大麻を日常的に使用してきた30名が参加した。被験者らが自己申告した1日の大麻消費量の平均は、大麻タバコ10本だった。

試験参加24時間後に検査を受けた22名の被験者のうち、12名(59%)が1ng/ml以上のTHCで陽性となったが、5ng/ml以上で陽性となった被験者はいなかった。

研究者らは、被験者の血中THC濃度は「一貫して減少したわけではなく」、1名の被験者については、合計33日の間、微量のTHCが検出されたと報告。

「われわれの知る限り、これほど日常的な大麻喫煙者について、(最長33日という)長い間継続的に大麻の節制(訳注:“禁大麻”)を監視しながら集めた、このような血中カンナビノイド濃度のデータは今までありませんでした。このデータは、この集団におけるカンナビノイドの薬物動態を理解するため、また、血中カンナビノイド検査を解釈するために非常に重要です」と結論した。

詳しい情報は、NORML副理事長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "Impact of prolonged cannabinoid excretion in chronic daily cannabis smokers' blood on per se drugged driving laws" は、Clinical Chemistry 協会誌に掲載されています。

Source: NORML NEWS
Florida: 7 in 10 Voters Back Constitutional Amendment To Legalize Medical Marijuana
Thursday, 28 February 2013

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター