読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

10名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
国連:全世界の違法薬物使用者の4分の3が大麻を使用
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2013-06-07

2013年3月21日(木)

オーストリア ウィーン: 国際連合の2012年世界薬物報告(2012 World Drug Report)によると、大麻は、世界中の違法薬物使用者のうち推定75%に使用されており、世界で最も広範に使用されている違法薬物だという。



報告では、全世界における、毎年推定3億人(人口の6.6%)の違法薬物使用者のうち、2億2,500万人(人口の5%)もの人々が大麻を使用していることが判明。「大麻は、世界中で最も広範に使用されている違法薬物であり、・・・その消費量は安定している」と結論されている。

また、2010年(これより後の国際データは現時点では入手不可)、オーストラリアとニュージーランドで、大麻の使用は非常に流行した。米国とカナダは、スペイン、フランスおよびイタリアに次いで、大麻の使用量が2番目に多い国として肩を並べた。さらに、アフガニスタンでは、大麻が、ケシ(アヘン)を抜いて、主な換金作物になっていることがわかった。

また、「現在のところ、大麻の一般性が衰える兆しは全体的に全くなく、このまま広範に使用される違法薬物になり続ける可能性が非常に高い」とも結論されている。

詳しい情報は、NORML理事長アレン・セント・ピエール(電話(202) 483-5500)、またはNORML副理事長ポール・アルメンターノ(メール paul@norml.org)にお問い合わせください。2012 World Drug Report の全文は、以下のサイトで閲覧可能です。

Source: NORML NEWS
United Nations: Three-Quarters Of World's Illicit Drug Users Consume Cannabis
Thursday, 21 March 2013

翻訳:bongyo
どれだけ大麻が人間に合っているかってことですよね。『大麻への回帰』、日本人はその道を進むべきでしょう!

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター