読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
ネバダ州:州知事が医療大麻ディスペンサリーの新規設置を認可
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2013-09-10

2013年6月20日(木)

ネバダ州カーソン・シティ:共和党のブライアン・サンドバル ネバダ州知事は、医療大麻の栽培・分配をおこなう 66 の施設の新規設置を認可する上院法案 374 号(Senate Bill 374)に署名した。



この法律の下では、州の規制当局が、大麻および大麻由来製品の栽培、試験、および認定患者への分配をおこなう免許を受けた施設の新規設置を監視することになる。同州では2000年の住民投票により、州法の修正案が施行された。この修正により、州議会には、医師が、資格を有する患者に大麻の使用と栽培を認可する権利を与えるよう義務付けられた。しかし、医療用大麻を入手できる施設の提供を定めるものではなかった。

現ネバダ州法の下、およそ3,800人の州民が大麻の栽培および/または使用について、州の認可を受けている。

上院法案 374 号は、ディスペンサリーの 25 マイル圏内に住んでいる患者に対して、大麻の自家栽培に制限を課すもの。しかし、地元のディスペンサリーが提供していない品種の大麻を栽培している患者に対しては、同種に限って、自家栽培の継続を許可している。また 2013 年 6 月 1 日以前に大麻を栽培したことがある患者に対しても、そのことが確認されれば、2016 年 3月 31 日までの栽培継続を許可している。

さらに、所持制限を1 オンスから2.5 オンスに、また栽培制限も成熟株 3 株から 12 株に修正する。

州の免許を受けた施設が取り扱う医療大麻製品は、州の標準消費税と 4 %の消費税の対象となり、その 75 %は教育へ、また 25 %は規定の実施と執行に向けられる。

現在、アリゾナ、コロラド、ニュージャージー、メーン、ニューメキシコ、ロードアイランドの各州で、州認可の医療大麻ディスペンサリーが運営されている。また、コネチカット、マサチューセッツ、バーモントの各州、およびワシントンDC では同様のディスペンサリーが運営までの準備段階となっている。

詳しい情報は、NORML首席報道官エリック・アルティエリ(電話(202) 483-5500)または、NORML副理事長ポール・アルメンターノ(メール paul@norml.org)にお問い合わせください。

Source: NORML NEWS
Study: Black Arrest Rate For Marijuana Offenses Four Times That Of Whites
Thursday, 20 June 2013

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター