読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究報告:大麻による交通事故のリスクはアルコールや医薬品などに比べて低い
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2013-11-21

2013年8月1日(木)

デンマーク リングビー:ジャーナル『事故の分析と予防』(Accident Analysis and Prevention)のオンライン版で公表された、人口ベースのケース・コントロール研究の結果によると、交通事故で重傷を負うリスクは、(血中アルコール濃度が0.08以上になる程度の)アルコールのみを摂取した場合、またはアルコールと他の精神活性物質とを摂取した場合が最も高いという。



デンマーク人研究者らはこのたび、アルコール、違法薬物、または、アヘン剤やベンゾジアゼピン、アンビエン等のいわゆる『Z薬』(鎮静薬・睡眠薬)等の医薬品各種を使用した人が、交通事故で重傷を負う全リスクを評価した。ケース・サンプル(2,490 件)は、欧州6カ国の選抜された病院に、交通事故による重傷で入院している患者らから収集され、ランダムに止められた約16,000名の対照群と比較された。また、リスク率の比は、年齢、性別、出身国ごとに調整された。

研究者らは、「運転手が重傷を負うリスクは、高アルコール濃度テスト(0.8g/L以上)でのみ陽性か、またはアルコールと他の精神活性物質を併用して運転した場合に最も高かった。(中略)次にリスクが高かったのは、アンフェタミンとアヘン剤など、2種の薬物の併用による運転。中程度リスクが高かったのは、中濃度の血中アルコール(0.5g/L以上0.8g/L未満)とベンゾイルクゴニン(コカイン代謝物)による運転だった」と報告。

そして、次のように結論した。「精神活性物質の中でも、アルコールは、交通事故で負傷するリスクの点で、今だに最も大きな問題を引き起こす」。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。また、この研究の全文 "Risk of severe driver injury by driving with psychoactive substances" は、Accident Analysis and Prevention に掲載されています。

Source: NORML NEWS
Study: Study: Cannabis Associated With Less Risk Of Traffic Accident Compared To Alcohol, Various Medicinal Drugs
Thursday, 01 August 2013

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター