読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

5名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究報告:大麻を使用するとガンの苦痛緩和療法の効果が『著しく向上する』
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2014-01-15

2013年8月29日(木)

イスラエル ハイファ:ジャーナル『エビデンス・ベースの補完・代替医療』(Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine)で公表された観察的研究によると、大麻の使用は、吐き気や体重の減少、疼痛、疲労など、ガンや従来の抗ガン治療に関連する症状の改善に効果的だという。



イスラエルの研究者らはこのたび、2回以上面談をおこないながら、131名の患者におけるガンの諸症状に対する大麻の使用について調査。ガンの症状と大麻の副作用を、0 から 4 の数字で記録した。

研究者らは、「吐き気や嘔吐、気分障害、疲労、体重の減少、食欲不振、便秘、性機能障害、睡眠障害、かゆみ、疼痛などといった、ガンや抗ガン治療の諸症状は、すべて著しく改善した。(中略)感染や口腔乾燥、咳、息切れ、下痢や白血球数の水準、アルブミン濃度については、2 回の面談の間、あまり変化が見られなかった」と報告。

そして、次のように結論した。「今回の研究では、長期にわたって大麻を使用してきた被験者らについて、ガンの対症療法や苦痛緩和療法の側面の全てにおける著しい改善が報告された。(中略)同研究グループにおいては、オピオイドや抗うつ薬の必要性にわずかな減少が見られた。(中略)上記、諸症状における著しい改善から、苦痛緩和療法の実践における大麻の使用は支持されてしかるべきです」。

詳しい情報は、NORML副理事長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "The medical necessity for medicinal cannabis: prospective, observational study evaluating the treatment in cancer patients on supportive or palliative care" は、Evidence-Based Complimentary and Alternative Medicineえ に掲載されています。

Source: NORML NEWS
Study: Cannabis Use Associated With 'Significant Improvement' In Palliative Oncology Care
Thursday, 29 August 2013

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター