読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究報告:大麻の使用は世界疾病負担にほとんど影響しない
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2014-01-20

2013年9月12日(木)

オーストラリア シドニー:『ランセット』誌(The Lancet)で公表された疫学的レビューによると、大麻の使用は、世界の疾病負担にあまり影響していないという。

オーストラリアと米国の研究者らからなる国際研究チームはこのたび、違法薬物使用の世界的な蔓延について評価し、それによる健康への悪影響について、障害生存年数(YLD)、損失生存年数(YLL)、障害調整生命年(DALY)を測定、定量化した。



研究者らは、依存している人の数は、どの規制薬物よりもオピオイドやアンフェタミンに多く、概して、違法薬物の使用は、世界全体のDALYの0.9%を占める、と報告。(タバコの喫煙は世界全体の同6.3%、アルコールは同 3.9%を占めると見込まれる。)一方、「大麻の常用は、統合失調症のリスク要因になる可能性がある点で、極めて小さい疾病負担を生む」とも報告している。しかし、統合失調症と大麻との関係性は、これまでの研究では定義されておらず、ある付随論評では、今だに「議論の余地がある」ものと認識されている。

研究者らは総計で、北米の180万人を含む、世界中で1,310万の人々が大麻に依存していると推定。さらに、1,550万人がオピオイドに、1,720万人がアンフェタミンに依存していると推定している。

この研究の全文 "Global burden of disease attributable to illicit drug use and dependence: findings from the Global Burden of Disease Study 2010" は、The Lancet に掲載されています。

〜参考サイト

「ノーマライゼーション 障害者の福祉」 2008年10月号

Source: NORML NEWS
Study: Cannabis Consumption Plays Little Role In Global Disease Burden
Thursday, 12 September 2013

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター