読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

13名さま。クリックのご協力を! (9 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
THCにより肯定的な刺激に反応する脳活動が増加する
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2014-01-28

2013年9月19日(木)

英国 ロンドン:『欧州神経精神薬理学』(European Neuropsychopharmacology)ジャーナルのオンライン版で公表された、プラセボ対照クロスオーバー試験のデータによると、健康な被験者にTHC(大麻に含まれる主な精神活性成分)を投与すると、感情処理が調節されるという。



英国とオランダの研究者らはこのたび、11名の健康な男性被験者に機能MRI(fMRI)を行なった。試験では、被験者にTHCまたはプラセボを投与した後、否定的な刺激(恐ろしい顔の写真('fearful faces'))、または肯定的な刺激(幸せな顔つきの写真('happy faces'))に曝されている間の、被験者の脳活動を評価。THCの投与により、感情処理におけるネガティブ・バイアスが減り、ポジティブ・バイアスに移行されるという仮説を立てた。これまでのところ、否定的な刺激に向くバイアスは一般的に、うつ病など、精神疾患の発症に関係している。

研究者らは、期待されたとおり、被験者がネガティブな感情処理を行なっている際にTHCを投与すると、脳活動が減少することを報告。また逆に、ポジティブな感情で刺激を処理している際にTHCを投与すると、脳活動が増加することを報告した。

そして、次のように結論した。「今回の結果から、THCを投与すると、感情処理におけるネガティブ・バイアスが減少することがわかる。このことで、内因性カンナビノイド系が感情処理の調節に関わっているという仮説がヒトで証明されたことになる。」

詳しい情報は、NORML副事務局長 ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "The endocannabinoid system and emotional processing: A pharmacological fMRI study with Δ9-tetrahydrocannabinol" は、European Neurophyscopharmacology に掲載されています。

Source: NORML NEWS
THC Increases Brain Activity In Response To Positive Stimuli
Thursday, 19 September 2013

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター