読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究報告:大麻は他の薬物に比べて交通事故リスクが少ない
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2014-02-22

2013年10月10日(木)

ニューヨーク州ニューヨーク:『交通事故の分析と予防』(Accident Analysis and Prevention)誌オンライン版で公表されたデータによると、血中に多様な規制薬物があることで、交通死亡事故に関わるリスクは増加するという。



コロンビア大学の研究者らはこのたび、症例対照研究を行ない、薬物の使用と交通死亡事故の関係について評価。確認された薬物の中でも、死亡事故に関わるリスクが最も高いのは抑制薬(推定オッズ比=4.83)である、と報告した。他の対象薬物類の推定オッズ比はそれぞれ、覚せい剤が3.57、多剤乱用(アルコール除く)が 3.41、睡眠薬が 3.03 で、大麻は、今回対象の薬物の中で最低となった(1.83)。

この評価における大麻のオッズ比は、事故リスクの名目上の増加に大麻が関係していると推定された、66 件の研究のメタ分析で報告された比率(1.25)と類似している。なお、その分析では、抗ヒスタミン薬とペニシリンが、大麻とおよそ同等のオッズ比(ともに1.12)になっていた。

死亡事故リスクについて評価した過去の研究では、アルコールのはるかに高いオッズ比が報告されている。『疫学』(Epidemiology)ジャーナルで公表された2004年の研究によると、運転する6時間前にアルコール飲料を2本以上飲んだと報告した運転者が交通事故で負傷する可能性は、飲んでいない人に比べて8倍高かった。

コロンビア大学の研究者らは、アルコールの使用のみのリスクは評価しなかったが、アルコールと規制薬物の併用で、被験者の致死リスクが20倍になったことを報告している。

詳しい情報は、NORML副理事長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "Drug use and fatal motor vehicle crashes: A case-control study" は、Accident Analysis and Prevention に掲載されています。

Source: NORML NEWS
Study: Marijuana Less Likely To Elevate Vehicle Crash Risk As Compared To Other Substances
Thursday, 10 October 2013

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター