読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究報告:THCは呼気中に一定時間に限って検出される
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2014-04-11

2013年10月31日(木)

メリーランド州ボルティモア:ジャーナル『臨床化学』オンライン版で公表された臨床試験データによると、精神作用のあるカンナビノイド、THCは、少し前に大麻を吸入した被験者の呼気中に検出される場合があるという。



メリーランド州ボルティモアの国立衛生研究所(National Institutes of Health)と、スウェーデン ストックホルムのカロリンスカ大学病院(Karolinska University Hospital)の研究者らはこのたび、時々または常習的に大麻を使用する人々を対象に、THC6.8%含有の標準的な大麻タバコを吸入してもらい、その直後の呼気を分析。喫煙後、THC、その主要代謝産物のTHC-COOH、またはカンナビノール(CBN)が被験者の呼気中に検出されるかどうか確認を行なった。

報告によると、時々および常習的に大麻を使用する被験者の両方の群で、大麻吸入後の一定時間に限り、呼気中にTHCの存在が確認された。結論では「常習的な喫煙者(n=13)について、0.89時間で全ての呼気サンプルがTHCに陽性となり、以降それぞれ、1.38時間で76.9%、2.38時間で53.8%、4.2時間でわずか1名のサンプルが陽性となった。また、時々大麻を喫煙する人々(n=11)では、0.95時間で90.9%、1.49時間で63.6%の呼気サンプルがTHCに陽性となった。なお、時々大麻を喫煙する人々のうち1名は、呼気中にTHCが検出されなかった」としている。

今回のサンプルのうち、カルボキシTHC代謝産物に陽性となったものは無く、CBNに陽性となったものは1件だけだった。

研究者らは、呼気の分析は、少し前に大麻を吸入した人を特定する代替マトリックスになる可能性があると結論。しかし、今回の研究では、呼気中THCの検知と、実際の行動機能障害との相関関係を証明することはなかった。

Source: NORML NEWS
Study: THC Detectable In Breath For Limited Periods Of Time
Thursday, 31 October 2013

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター