読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
RAND 研究報告:大麻使用増加の一方でコカインとメタンフェタミンの使用が減少する
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2014-09-24

2014年3月20日(木)

ワシントンDC:全米麻薬撲滅対策室に委託されたRAND研究所の新規研究によると、2006年から2010年の期間の、米国民の自己申告による大麻使用の増加は、同時期のコカインやメタンフェタミンの使用の著しい減少に呼応しているという。



研究者らの推定では、2006年から2010年の間に、米国民による大麻の使用は約30%増加し、同時期におけるコカインやメタンフェタミンの使用は減少(コカインは50%減少)した。

この研究によると、ヘロインの使用はこの10年間、ほぼ横這いだ。また、薬物乱用・精神衛生管理庁がまとめた統計によると、生涯で1度はヘロインを使用する米国民は、約450万人だという。なお、メタンフェタミンは、約1,200万人、コカインは約3,750万人、大麻については約1億1,100万人におよぶ。

さらに、推定では、米国民は2000年から2010年までの間、コカインやヘロイン、大麻、メタンフェタミンの購入に約10億ドルを費やした。

NORML副事務局長ポール・アルメンターノは、この報告についてのコメントで次のように述べた。「この数字から、大麻の使用経験が他の違法薬物への、いわゆる『ゲートウェイ(gateway: 入り口)』になるという考えが誤りで、それどころか、人によっては『ハード・ドラッグ』の代用薬、または薬物依存から脱却するための治療薬になる場合があることがわかります」。

2013年に『麻薬中毒の研究と理論』(Addiction Research and Theory)誌で公表された調査データによると、医療大麻使用者コホートにおいて、75%の被験者が、処方薬やアルコール、他の違法薬物の代替薬として大麻を使用していることを認めた。

 

また、『ハーム・リダクション』誌で公表された2010年の研究によると、薬物乱用プログラムに登録した成人の大麻使用者は、治療の完遂などのさまざまな範疇で、使用していない人たちと同等か、それよりも良好な結果を残した。

 

詳しい情報は、NORML事務局長アレン・セント・ピエール((202) 483-5500)または、ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。また、この研究の全文 "What America's Users Spend on Illegal Drugs, 2000-2010" は、ホワイトハウス麻薬撲滅対策室のホームページ(http://www.whitehouse.gov/ondcp)に掲載されています。

Source: NORML NEWS
RAND Study: Marijuana Use Rises While Consumption Of Cocaine, Methamphetamine Falls
Thursday, 20 March 2014

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター